ホーム > アーカイブ > 2014年12月のアーカイブ

2014年12月のアーカイブ

年末年始のお知らせ

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

早いもので、今年も残すところ1週間を切りました。
ハウスケアでは、12月26日(金)から1月7日(水)まで、年末年始のお休みをいただきます。
長いお休みになりますが、よろしくお願いいたします。

今日はクリスマスですね。
みなさんのところにも、プレゼントは届いたでしょうか?
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

Ⅱ型→L型へ

こんにちは、ハウスケアの秦野です。
日を増すごとに、一段と寒さが増してきていますね。
そんな寒さの中、今日もハウスケアの営業、職人は現場を駆け回っています。
いくつか完成した現場もありますので、順にご紹介していきたいと思ってます。

今日は、先月完成したキッチンリフォームをご紹介します。

IMG_4429IMG_4431IMG_4430

施工前のキッチンは、ガスコンロとシンクが向かい合ったⅡ型。
Ⅱ型は、洗いや下ごしらえ、カットをする場所と、煮炊きする場所が分離されたレイアウトで、広いスペースを確保できるキッチンです。
作業スペースは広く確保できますが、食器棚などを置くスペースを別途設けなくてはなりません。こちらのキッチンも、冷蔵庫を置くと、食器棚を置くスペースがとれていませんね。
今回は、このⅡ型のキッチンをL型にリフォームします。

 

IMG_4436IMG_4440IMG_4447

まずは、キッチンを解体して、下地調整と対面カウンターを造作します。

 

IMG_4446IMG_4477IMG_4448

コンロ周りなど、汚れがつきやすい箇所の壁には、白いキッチンパネルを貼ります。
壁・天井にクロスを貼った後に、LEDシーリングとスポット照明をつけるために、電気配線。キッチンを組立て、配管・電気工事をして完成です。

 

↓完成したキッチンです。

IMG_0363

ダイニング側から見たキッチンです。
ナチュラルな木目調の収納棚を設けたカウンターが、キッチンの作業面を見えないようにしているので、キッチンをすっきりと見せてくれます。
背面はカウンターとキャビネットがなくなり、食器棚や冷蔵庫を置ける広々スペースに。

 

IMG_0364

カウンター内部のキッチンは、クリナップのクリンレディ。機能がたっぷり詰まったL型キッチンです。
L型キッチンは、シンクで材料を洗う→作業台で下準備→ガスコンロで調理という流れが繋がっているので、料理がスムーズです。
また、お鍋を火にかけながら、違う料理の下準備をしたりする場合には体を回転させればいいので、非常に便利です。

corner_img01corner_img02

L型キッチンでデットスペースになりがりだったコーナー部分は、サッと引き出して使えるコーナーワゴンと、使用頻度の低い物を両サイドに収納するデルタトレーで、コーナーが頼れる収納スペースに。 お手入れもカンタンです。

 

IMG_4506IMG_4507

レンジフードもガスコンロも、機能的でお手入れもカンタンです。

 

IMG_4370IMG_4504

照明器具もダウンライトと、LEDシーリングライトに取替えました。
LEDで全体を均一に照らし、ダウンライトで作業面を明るく照らします。
キッチンをL型にすることで、効率的な作業動線と食器棚を置ける収納スペースをたっぷり確保することができました。
また、ダイニング側に背を向けることなく調理ができるので、家族とのコミニュケーションもとれるキッチンになりました。
L型キッチンの魅力が詰まったリフォームです。

クリスマスツリー

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

クリスマスまで、あと10日余りですね。
遅ればせながら、先週ハウスケアでも、クリスマスツリーを飾りました。
LEDライトが光ると、クリスマス気分も高まり、わくわくしますね。

get-attachment (3)get-attachment (1)get-attachment

左がハウスケアのクリスマスツリー。240cmの高さがあります。結構大きいです。
お近くを通られた際には、覗いてみてくださいね。

わが家にもクリスマスツリーをと思い、先月IKEAにモミの木を買いに行ったのですが、今年はすでに売り切れで買う事ができませんでした。
毎年IKEAで購入するモミの木に飾り付けをしていたので、今年はクリスマスツリーなしになってしまいました。
本物のモミの木はないけれど、モビールのモミの木は天井からゆらゆら。これだけではさびしいかなと思い・・・・
get-attachment (5)get-attachment (6)get-attachment (7)

 

リビングのコーナーに、白くペイントした枝のドライブーケに、オーナメントを飾ってみました。
わが家のオーナメントは、白とグレーでシンプルに。白とグレーを基調にしたインテリアに馴染むクリスマスデコレーションです。
ソファーカバーとクッションカバーは色のベースは変えずに、ファー素材のものに取替え、冬仕様にしました。

もうすぐ、クリスマス。そろそろプレゼントも用意しなくては!

 

床リフォーム⑥⑦

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、床リフォームの最後、⑥⑦をご紹介します。
まずは、⑥カーペットの床→剥がして、タイルカーペットを貼るリフォームから。

b_026-2a_026-4

左の写真のお部屋が施工前。カーペットの床は、柔らかいので、置き家具の跡が残ってしまうことがほとんどです。
毛足の長いカーペットの場合は、長期間使用することで毛足がつぶれてしまい、またダニやカビの発生を防ぐため、3~5年の張替えを目安にしてください。
右の写真が、タイルカーペットを施工したお部屋の様子です。
タイルカーペットは、前回もご説明しましたが、部分ごとでの張替えが可能なので、メンテナンス性に優れています。
テクスチャーのあるものでしたら、市松模様に貼ることで、張替えした部分が分かりにくくなります。
費用は床リフォームの中では手頃で、工期も比較的短いのが特徴です。

 

最後に、⑦畳の床→剥がして、フローリングを貼るリフォーム。
このリフォームは、築年数の経過した住宅や、お子さんの成長に合わせて洋室を設ける場合などに多い床リフォームです。

DIGITAL CAMERAb_001-2

↑マンションでのリフォームの場合。
カーペットと同様、畳も柔らかい床なので、家具の跡が目立ちますね。
まずは、畳をはがして、下地を調整します。

 

DIGITAL CAMERADIGITAL CAMERA

畳の場合は、フローリングとの高さ調整のため、根太組みしてから合板などで下地を作ります。
下地ができたら、フローリングを貼ります。
新しいマンションなどは、下地処理がこれより簡単なケースが多いため、工程がより簡単でスムーズです。
工事費用の目安は、状況によって異なりますが、13万~を目安ににしてください。

 

DIGITAL CAMERADIGITAL CAMERA

小さなお子様の遊びのスペースや寝室として利用してきた和室をフローリングにして、こども部屋にしたり、寝室として使ってきた和室を、高齢にともない布団の上げ下ろしのない、ベッドが置ける洋室にしたり、畳をフローリングにするリフォームはいかがでしょう?

①~⑦まで、ご紹介した床リフォーム。
ご希望に合ったリフォームは見つかりましたか?

ホーム > アーカイブ > 2014年12月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る