ホーム > アーカイブ > 2013年10月のアーカイブ

2013年10月のアーカイブ

養生シート貼りました!

本日、2度目の秦野です。

先日、発注した養生シートが出来上がり、今日現場に貼ってもらいました。
青空を背景に、「ハウスケア」の文字が浮かびあがります。

IMG_5780

 

 

IMG_5772IMG_5782

場所は、ライフ近くの交差点にある一軒家です。
足場の関係で、ライフ正面に貼ることはできませんでしたが、坂道側から見ることができます。
メッシュの養生シートだと、色が抜けると思い、文字の色を濃くしたら、色が抜けないシートでした・・・。
もう少し明るめのトーンが理想でしたが、落ち着いた色味に仕上がってます!

 

IMG_5775IMG_5774

外壁塗装の工事はというと・・・・グレーの壁を明るいクリームイエロー&アイボリーに塗り替えてます。
クリームイエローは見た目も明るく、きれいな色味です。
養生シートが外されて、リフォーム終えた外観が楽しみです。

 

*浴室の施工例ページを更新しました→こちらをご覧ください。

フローリング補修

こんにちは、ハウスケアの秦野です。
昨日の朝まで、今日の天気予報は晴れのお天気だったと思うのですが、一転、冷たい雨の一日ですね。
今日は、幼稚園の娘が楽しみにしていた遠足だったのですが、あいにくの雨で行き先が変更になってしまいました。
外で思い切り、自然を満喫してほしかったのですが、残念です・・・・。

さて気を取り直して、今日は、フローリング補修をご紹介します。
傷ついたフローリングをきれいにしたいけど、きれいにするには張替えしなないの?・・・・とお悩みの方に、ぜひ知っていただきたいのが、“フローリング補修”という方法です。
張替えよりも簡単で、コストの掛らない方法です。

まずは、傷ついたフローリングをタイプ別に3つご覧ください。

b_002-3 b_002-4

↑こちらは、表面に黒ずんだ汚れがこびりついたフローリング。
元のフローリングの色が分からないくらいの汚れです。フローリングの傷みとしては、軽い方です。

 

b_002-5 b_002-6

↑こちらは、表面に細かな傷がたくさんついています。
フローリングの傷みとしては、中くらいです。

 

b_002-1 b_002-2

↑こちらは、塗装された表面が剥がれ、木地が見えてしまっています。
こうなると、張替えしかないか・・・・と思えてしまう傷みの状態です。

 

この3つのフローリングの汚れも、プロの手にかかると・・・・・

a_002-2a_002-3

汚れを取り、傷をうめ、色を塗り、補修します。
色塗りは、パレットに何色もの絵具を混ぜ合わせて、同じ色を作ります。
最後に、表面にウレタンの塗膜を作って、乾かせば完成です。

 

きれいに蘇ったフローリングをご覧ください↓

IMG_3990

大きく剥がれた表面も分かりませんね。たくさんついた傷も、貼り直したように見違えました!

 

IMG_3986

黒ずんだ汚れも、磨かれて、ぴかぴかです!
こちらの物件は賃貸住宅で、入居者が退去した後のリフォームでした。
掛った費用は、1Kのアパートで3,4万。
広さや傷みの状況によりますが、貼替えるより、ずっとリーズナブルですね!
賃貸住宅のリフォームや、小さなおこさんが成長したあと、傷んだフローリングをリフォームする際に、ぜひご利用ください。

*木工事の施工例ページを更新しました。こちらをご覧ください。

シート看板

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

先週、宮崎台の駅近くに大型スーパーのライフが開店しました。
充実した食料品売り場に加えて、衣類や薬品などの日用品などもあり、この付近では一番品揃えのあるスーパーになりました。
開店2日目に買い物がてら、様子を見に行ったのですが、多くの人で賑わい、活気に溢れています。
静かだった前の通りは、人や車の往来で賑わい、周辺の様子がこんなにも変わるものかと、驚きました。

そんなライフに面したところの住宅の外壁リフォームをご依頼いただき、来週から取り掛かる予定になっています。
外壁の工事には、足場を立て、外側にメッシュのシートを貼り、施工を行います。
せっかくひと通りの多い場所での工事、より多くの方にハウスケアを知っていいチャンスです!
メッシュシートにハウスケケアの看板をプリントして、貼ることになりました。

今日の午前中は、その図案作成の作業。
デザインレイアウトを作成する際には、イラストレーターがとても便利なのですが、
パソコンにソフトが入っていないので、エクセルで大まかなレイアウト作り・・・。
細かなレイアウトや色決めなどは、家に持ち帰って、イラストレーターで原稿作成します。
来週には、シートが出来上がる予定です。
ライフにお買いものにお出かけした際には、ぜひご覧くださいね!

レイアウト作成の後には、今日引き渡し予定のリフォーム現場へ写真を撮りに行きました。
浴室を除く全部屋リフォームしたお宅です。素敵に仕上がってました!
後日、またご紹介しますね。

IMG_5664 IMG_5671 IMG_5675

IMG_5689 IMG_5690 IMG_5705

プラスするリフォーム

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、機能とインテリア性をプラスするリフォームをご紹介します。
リフォームと言うと、“古いものを新しくし直す”というイメージがありますが、今回ご紹介する施工例は、新築したばかりのマンションで、その必要のないものです。
では、何のリフォームかというと、、、お施主様のライフスタイルにやインテリアの好みに合うよう、今あるものに新たに機能やインテリア性を付けくわえる“プラスするリフォーム”です。

b_003-1b_003-2

“プラスするリフォーム”の箇所は、玄関です。
クロス張りの壁に、大理石のフロアの玄関は、オーソドックスなスタイルな玄関です。
まず、この壁面に天井まである鏡(姿見)を貼ります。玄関に鏡があると、お出かけの際に、身だしなみの確認ができて、とても便利です。
また、天井まである鏡は、小さな空間を高く、奥行きあるように見せてくれるので、実際の広さよりも広く感じさせてくれる効果もあります。

 

b_003-5b_003-4

鏡の縁には、モザイクタイルを貼ります。
鏡だけではさびしい印象だった壁面が、鏡の縁にモザイクタイルを貼ることで、玄関が個性ある空間に。ぐっと高級感もアップしますね。
モザイクタイルのライトブラウンが、フローリングの色とマッチして、統一感あるインテリア空間に仕上がりました。

a_003-1a_003-2

仕様が決められている新築のマンションや住宅でも、ご要望に応じて、インテリアを変えることができるのですよ!
ライフスタイルやお好みに合わせて、もっとインテリアをこだわってみませんか?
自分好みのインテリアは、快適で楽しい暮らしに、彩を添えてくれること間違いなしです!

*内装工事の施工例ページを更新しました→こちらからご覧ください。

水栓交換

こんにちは、ハウスケアの秦野です。
昨日の朝は台風の暴風雨で、たいへんでしたね。
被害が大きかった地域の様子をニュースで見ると、自然の恐ろしさを改めて感じずにはいられませんでした。

さて、今日は水栓の交換についてをご紹介します。
リフォームは、トータルリフォームのような規模の大きなものもありますが、一部を取り替えるだけで、機能性が効果的にアップするリフォームもあります。
水栓はまさに、そのいい例と言えます。機能性がアップするだけでなく、節水もできて効果が大きい部分リフォームです。

 

b_002-1

バスルームの水栓の交換例です。↑こちらは、交換前の水栓です。

 

a_002-1 a_002-2

a_002-3 a_002-4

リフォーム後の水栓は、TOTOエアインシャワー
節水しながら、たっぷりの浴び心地が体感できる、エコと快適性の両立をめざした今までにない新しいシャワーです。
高さ調節も付いているので、ご家族それぞれに合わせて、使えるので便利です。使用する水の量も35%節水できます!
デザインも美しいですね。

 

IMG_4704IMG_4676

キッチンの水栓の交換例です。↑こちらは、交換前の水栓です。

 

IMG_5155IMG_5157

リフォーム後の水栓は、TOTOハンドシャワータイプGGシリーズ
お湯と水をしっかり使い分け、お湯の無駄使いを防ぐシングルレバー水栓なので、節ガス効果があります。
ハンドシャワー付きなので、シンクの隅々まできれいにお掃除できます。

小さな交換のようで、大きな効果が得られる水栓リフォーム、いかがでしょうか?

*ユニットバスの施工例ページを更新しました→こちらからご覧ください。

HPもリフォーム!!

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

ただいま、ハウスケアの施工例のページを少しつづ整理しています。
ホームページの施工例ページもリフォーム!!です。

新しいページは、リフォームを具体的にイメージしやすいように、施工写真を増やしています。
施工途中の写真も多く載せて、工事過程を知っていただくことで、実際のリフォームをシュミレーションしていただければと思ってます。
こちらのブログにも、相互リンクしていきますので、ぜひご覧くださいね!

現在、新しいページになったのは、キッチンとトイレのページ。
(キッチン→こちら、トイレ→こちら)クリックしてみてくださいね!
他のページも順次、リフォームしていきますので、お楽しみに!

名称未設定 1のコピー

クリームイエローのキッチン

こんにちは、ハウスケアの秦野です。
涼しくなったかと思ったら、また暑さが戻ってきましたね。
季節の変わり目、体調管理が難しいですね。

色もののキッチンリフォームが続きます。
今日は、クリームイエローのキッチンのご紹介します。

IMG_1517b_004-2b_004-1

b_004-3b_004-5b_004-8

施工前のキッチンと施工途中です。
既存のキッチンを解体し、配管処理、壁・床の下処理を行います。
新規に壁にクロスを貼り、床はクッションフロアを貼り、キッチンを組立ます。

 

a_004-1

 

こちらが完成したキッチンです。
キッチンは、クリナップのrakuera。家具を選ぶように選べるキッチンは、豊富なパネルカラーから、お好きなカラーが選べます。
お客様が選ばれたカラーは、クリームイエロー。インテリアに馴染みやすいカラーです。

 

a_004-4a_004-2

a_004-3a_004-5

a_004-7a_004-6

 

キッチンに合わせて、レンガ調のクロスとクッションフロアを貼り、キッチンのインテリア性が高まりました。
ぬくもりあるキッチンになりましたね。

*キッチンの施工例ページは→こちらをご覧ください。

カラフルキッチン

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、パステルカラーで華やかなキッチンに生まれ変わったキッチンリフォームをご紹介します。

6.28-1

こちらがリフォーム前のキッチンの様子です。
使い込まれたレンジフード、給湯器も含めて、交換します。
キッチンリフォームはどれくらいの日数でできるか、ご存知ですか?
今日は、工事経過に日程を加えて、ご紹介します。リフォーム日程の目安にしてくださいね。

 

b_002-3b_002-2b_002-4

b_002-5b_002-6b_002-7

1日目、既存のキッチンを解体し、撤去します。給湯器を外部に移設して、ガス管工事をします。
2日目、壁の下処理、給排水管を切廻しし、キッチンパネルを貼ります。
3日目、キッチンの組立を行い、この時点でほぼ仕上がりです。
4日目、ガス配管接続、各設備をチェックし、工事が完了します。

 

a_002-1

こちらが、完成したキッチンです。パステルピンクと水色で華やいだ雰囲気のキッチンになりました!
こちらのキッチンは、クリナップのrakuera
ライフスタイルや家族の好みを上手に活かしながら、インテリアの一部として取り入れたキッチンです。
キッチンの面材は、お好みでカスタマイズして、パステルピンクと水色で華やかで柔らかな雰囲気のキッチンに仕上がりました。
キッチンもリビング・ダイニングと同じように、心地のよいインテリア空間になり、キッチンに立つのが楽しくなりますね。
a_002-3a_002-5

a_002-7a_002-6

a_002-2a_002-4

 

施工例のページを少しづつリニューアルしています。→こちらも併せてご覧ください。

トイレリフォーム(アラウーノ)

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

トイレリフォームのご紹介が続きます。
今日は、自動掃除機能が付いたトイレ・Panasonicの『アラウーノ』を取りつけたリフォームです。

1

こちらがリフォーム前のトイレの様子です。

 

5名称未設定 6のコピー名称未設定 7のコピー

既存のトイレを撤去して、配管、壁の下処理をします。
その後に、クロスの張替え、新規トイレの設置を行います。

 

2

こちらがリフォーム後のトイレです。リフォーム前と比べて、ずいぶんスタイリッシュなイメージになりました!
43

トイレ本体は、タンクレスで見た目もすっきり!壁に、コンパクトな手洗・収納がついたプランです。

 

a_osouji_0102,33

「あなたに代わって、おそうじするトイレ」がキャッチコピーの『アラウーノ』。
トイレを流すたび、中性洗剤の2種類の泡でしっかり洗います。
直径5mmの泡(ミリバブル)で「大きな汚れ」をパワフルに落とし、その次に直径60μmの洗剤入りの泡で残っている汚れもしっかり落とします。すごいですね!

a_osouji_02,0rakuraku_img06

市販の台所用中性洗剤を使用し、洗剤補充は約3カ月に1回。
洗剤タンクを取り外さずに、簡単に洗剤の補充ができので、便利です。
毎日使うトイレが、手間いらずできれいに保てるのはいいですよね。

 

02_2,2

エコナビセンサーで、省エネと高機能なトイレです。

トイレのデザイン、機能、価格は、本当に様々です。
お客様のご要望に応じて、ぴったりのトイレを見つけてくださいね。

 

*トイレの施工例ページは→こちらをご覧ください。

ホーム > アーカイブ > 2013年10月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る