ホーム > トピックス > 古くなった賃貸戸建リフォームの需要が増えてます

古くなった賃貸戸建リフォームの需要が増えてます

こんにちは、宮前平リフォーム会社・ハウスケアの秦野です。

ハウスケアのホームページを見て、古くなった賃貸戸建をリフォームしてほしいとご依頼をいただきました。

ひとつひとつの施工実績が、新しいお客様に繋がると思うと、ハウスケアの営業も職人も皆嬉しい限りです。

 

では、今回ご依頼いただいた物件のビフォアからご紹介します。

b_050-1 b_050-2 b_050-5

外観から玄関。

 

 

b_050-3b_050-7 b_050-8

玄関扉と玄関収納を取替えます。

玄関扉はリクシルのリシェル。カバー工法なので、一日で玄関扉をリフォームすることができます。

 

b_063-1

キッチン。このキッチンでは、賃貸の借り手がつきそうにありません。
賃貸物件の水廻りは、物件選びの決め手となるので、重要な箇所です。

b_062-1 b_062-2

お風呂場。タイル貼りの在来工法で、湯沸かし器が室内にあるので、浴槽がとても狭いですね。
設備の古さはもちろん、冬の寒さがこれでは堪えます。

こちらも、重要なリフォーム箇所です。

 

b_049-1 b_049-2 b_049-3

 

階段も、傷んでいます。

床のリフォームと合わせて、リフォーム階段できれいに仕上げます。

 

 

リフォーム後がこちら ↓ ↓ ↓ ↓

a_050-1 a_050-2 a_050-3

 

玄関扉が真新しくなり、入口からぴかぴかです!

玄関の内側も、玄関収納を入れ替え、床も壁も真新しい仕上がりです。

a_049-1 a_049-2 a_049-3

 

玄関から続く階段も、この仕上がり。

階段のリフォームは大がかりで時間もコストもかかると思われがちですが、リフォーム階段は既存の階段に上貼りするので、時間もコストも抑えることができます。

 

b_063-1a_063-1

 

古かったキッチンも、システムキッチンに取り替えられて、機能性もよく見た目もきれいです。

ビフォア⇒アフターでみると、その違いが一目瞭然ですね。

 

a_062-1 a_062-2

 

浴室もユニットバスに取替えました。

給湯器を外に出したことで、浴槽も広くなりました。

断熱性も高く、機能的です。

 

ホームページの施工例をみての賃貸住宅のオーナーさんから依頼いただいた今回の物件。

古い物件をお持ちのオーナー様、リフォームで空室対策もばっちりできます。

 

どうぞお気軽に、ハウスケアまでご相談ください。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.e-housecare.com/blog/topics/9619/trackback/
トラックバックの送信元リスト
古くなった賃貸戸建リフォームの需要が増えてます - ハウスケアブログ より

ホーム > トピックス > 古くなった賃貸戸建リフォームの需要が増えてます

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る