ホーム > トピックス > 自分らしい住まい

自分らしい住まい

にちは、宮前平リフォーム会社・ハウスケアの秦野です。

今日は、以前紹介した『STAYHOMEを快適に』のリノヴェーションを、施工前から工事の様子を交えてご紹介します。

 

このマンションはリノヴェーションを前提にお施主様が捜された物件で、築年数が経ち、内装や分譲当時からの設備は汚れや傷みが目立つ中古物件でした。

しかし、立地のよさ、窓からの抜群の眺望、管理状態がよい優良物件で、リノヴェーションで次第でいかようにもよくなります。

建物のことに詳しく、自分のスタイルをしっかりと持つお施主様の審美眼に間違いはありません。

今回の施工事例は、お施主様の『自分らしい住まい』を作り上げるリノヴェーションです。

 

まず、施工前の様子をご覧ください。

築33年、2DK(41㎡)のマンションです。

b_047-1 b_047-2 b_047-3

b_047-4 b_047-5 b_047-6

b_047-8 b_047-7 b_047-9

b_047-10 b_047-11

 

 

お客様からのご要望は

Request 1 :友人が集まれるキッチンにしたい

Request 2 :一人暮らしだから ベッドルームではなくコーナーでいい

Request 3 :間仕切り壁を取り払い 光と風がめぐるワンルームにしたい

 

このご要望にお応えするリノヴェーションのBEFORE AFTER の図面はこちら ↓

 

BEFORE                        AFTER

B-ビューハイム Beforeのコピー    ビュウーハイム上池台のコピー

 

一人暮らしだから、空間を間仕切らずにワンルームにしてパリのアパルトマン風に。
広い空間を、「キッチン・ダイニングエリア」「リビングエリア」「ベッドルームエリア」「収納リア」というようにエリア分けすることで、間仕切り壁でそれぞれのエリアが分断されることなく、繋がり合いながら動線がスムーズに暮らせるプランです。

 

工事の様子はこちら ↓

小さく仕切られていた部屋を解体し、まずはスケルトンに。

●小田切咲樹-5(工事途中)のコピー

 

●小田切咲樹-6(工事途中)のコピー

水廻り以外は間事切らずにワンルームにし、エリアに機能を持たせることで、繋がりのある広々とした空間作りができました。

 

完成がこちら ↓

 

Idea 1 : ダイニングテーブル一体型のキッチンカウンターを造作。

キッチンとダイニングの床高さを調整するためダイニング側を二重床にすることで、無垢のフローリングの施工が可能になりました。

 

 

a_047-1

●小田切咲樹-2(リフォームポイントシンプル)2のコピー

 

●小田切咲樹-4(beforeafter)のコピー

 

●小田切咲樹-3(beforeafter)のコピー

 

 

 

 

 

 

大きな写真でもご覧ください。

内装材やパーツは、お施主様がひとつひとつの素材や色形にこだわって、好きなものがひとつの空間の中で絶妙に調和しています。
個性的でありながら、洗練されたお部屋になりました。

a_047-1

 

a_047-7

 

a_047-6

 

a_047-10

a_047-11

 

a_047-12

 

a_047-14

 

a_047-16

お施主様の好きなスタイルが随所に反映されたお部屋は、心地よさに溢れています。
お部屋のどこにいても、窓から街の眺望が見え、光と風が入ってきます。

一人で過ごす時間も、仲間を呼んでキッチンを囲んで過ごす時間も、きっとここでは輝いていることでしょう。

お施主様の『自分らしさ』が詰まったリノヴェーションの完成です。

 

 『自分らしい住まい』の実現を、リフォーム&リノヴェーションでしてみませんか?

ハウスケアにお気軽にご相談ください。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.e-housecare.com/blog/topics/10505/trackback/
トラックバックの送信元リスト
自分らしい住まい - ハウスケアブログ より

ホーム > トピックス > 自分らしい住まい

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る