ホーム > アーカイブ > 2020年11月のアーカイブ

2020年11月のアーカイブ

快適な空間キッチンリフォーム

こんにちは、宮前平リフォーム専門店・ハウスケアの吉森です。

 

11月に入りめっきり寒くなってきて、鍋が恋しい季節到来ですね。

今日は鍋の準備から楽しくなりそうな♪、オープンキッチン工事をさせて頂いた現場を紹介します。

 

 

IMG_6870      IMG_6888

 

 

IMG_6871

 

 

快適な空間にしたいと思い、リフォームを計画しました。

元々は独立していたキッチン空間を使い勝手のよい対面キッチンにしました。

オープンキッチンに近いレイアウトを実現させる為、間仕切壁を壊し、広いカウンターを設け

調理や配膳スペースができて使いやすくなった現場です。

キッチンはクリナップの一番コストパフォーマンスの良いシステムキッチン、ラクエラです!!

商品 「ラクエラ」を紹介します。

値段は抑え気味ですが、安っぽさは全くなくオリジナリティーに豊かに使用を選べます。

引出が2段の構成で、下の引き出しも大きく、ペットボトルが縦に収納できるように計算されているんです。

色も豊富で、なじみのあるステンレス天板も人気の一つです。

「食器洗い乾燥機」、「清掃しやすいレンジフード」、「静音性の高いシンク」といったオプション追加も可能。

コストを抑えオリジナル仕様でデザイン性が高い、そして機能性も充実している!、

クリナップ「ラクエラ」お進めです。

 

他にもご要望にあわせた商品をご紹介いたします、是非お気軽にお問い合わせください!!

 

 

 

テレワーク対応賃貸住宅

こんにちは、宮前平のリフォーム会社・ハウスケアの秦野です。

 

今日は、以前ご紹介した賃貸マンションのリノベーションの完成形をご紹介します。

このリノベーションは、賃貸マンションオーナー様からのご依頼で、コロナ禍で仕事と生活スタイルの変化から

仕事をしながら暮らす住まい作りをご提案しました。

 

施工前の様子はこちら

b_052-1 b_052-7 b_052-8

 

b_052-9 b_052-10

 

b_052-3 b_052-4 b_052-2

 

b_052-5 b_052-6

44平米、2DKのマンションでした。4階で日当たりも眺望もよいお部屋です。

 

 

 

BEFORE                   AFTER

a_052-0

 

 

オーナー様と打合せを重ね、完成したのがAFTERのプランです。

空間を一続きにし、LDKと寝室の中間に、仕事場となるワークスペースを設けました。
LDK側、寝室側の両方に引き戸があるので、ご家族の暮らしの状況によって、空間を仕切ることができます。

また、収納は玄関から廊下の壁面全体と寝室のウォークインクローゼットに集約。
すっきりとしながら、大容量を確保しました。

また、女性ならではの視点で、細かなところまでの使い勝手や心配りがなされています。

 

a_052-2 IMG_7196

 

玄関を開けると、左側の壁面は天井までの収納。たっぷり大容量です。

収納には靴を入れられるのはもちろん、コートハンガーが添えなえつけられています。

収納扉にはミラーもついていて、ここでさっとコートを羽織り、鏡で全身をチェックして出かけられるのです。

 

 

a_052-3 IMG_7207

廊下右側の扉は洗面所への入り口です。

洗面化粧台は、分譲マンションに設備されるようなクラスのものです。

今回のリノベーションのこだわりでもあるのですが、建具と設備機器の面材がそろっているのです。

木の素材感あるチェリー柄の面材で、お部屋のすべてがコーディネートされているので、統一感もデザイン性も高くなります。

 

洗面所の内装材は、床はコンクリート調、淡い壁はグレーでまとめています。

 

a_052-4 a_052-5

 

浴室はさわやかなアクアブルー。

トイレは床には、グレーのタイルの組み合わせの床材です。

グレーの壁や白いトイレと調和しています。

 

 

a_052-9

 

廊下奥の扉を開けると、広々としたLDK。

掃き出し窓2面から注ぐ光でお部屋は明るく、外の眺望は抜けていて解放感があります。

こちらのLDKの壁面い引き戸がついています。こちらを開けると・・・・

a_052-1

 

ワークスペースになっているのです。

ご家族が普段の暮らしをしてる中に、仕事のスペースが設けられていて、扉の開け閉めで個室になり、

生活の風景や音を気にせずに仕事ができます。

 

 

キッチン  IMG_7176

 

オーナー様こだわりのキッチンは、賃貸住宅とは思えないほどスタイリッシュ。

チェリー柄の収納は3段のスライド扉で、引き出すと中のものが一目瞭然、取り出しも簡単で使い勝手抜群です。

そして、このキッチンの特徴は吊り戸がないのです。3段のスライド収納で収納量を確保しているので、あえて吊り戸は設置せずに、

オープン棚をとりつけ。

物置としての利用はもちろん、料理の本や、タブレットをおいてレシピの確認、なんている使い方もできるのです。

照明は、ダウンライト。スタイリッシュな仕上がりの名わき役です。

 

 

a_052-8 a_052-12

ワークスペースをもう少し詳しくご紹介します。

引き戸を開けると、デスクとなる天板と書類を収納できる可動棚が2枚設置されています。

パソコン、プリンターはもちろん、仕事の書類などもここに集約できます。

 

このワークスペースには、引き戸が2つあり、片側はLDK、片側は寝室へつながっています。

両方扉を開けると、北側の寝室から南側のLDKまでがひとつづきになります。

広々とした空間に風が通り抜け、動線もスムーズです。

 

 

a_052-6 a_052-7

 

北側の寝室というと、どうしても暗かったり、湿気がたまりカビが発生しやすかったりしますが、

LDKとひとつづきで空気も抜けるのでその心配もありません。

一角にはウォークインクローゼットがあり、ご家族の洋服はここでにまとめて収納できます。

 

ご家族との暮らしや仕事の状況に応じて、自由自在に空間を仕切ることで、快適な住まいが完成しました。

 

最後に細やかな気配りがいたるところに。

a_052-13 IMG_7234

 

LDKの窓際には、洗濯もの干しのハンガーが取付らえています。これはありがたいですね。

しかも、このもの干しは使わないときには取り外しておくことができるので、すっきりと暮らせます。

他にもいろいろ。

 

こんなに暮らしやすいお部屋です、すぐに契約が入ったそうです。

 

空室対策のお悩みのオーナー様、ノベーションのご相談はお気軽にハウスケアまで。

 

ホーム > アーカイブ > 2020年11月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る