ホーム > アーカイブ > 2019年12月のアーカイブ

2019年12月のアーカイブ

年末年始休暇のお知らせ

年末年始のお知らせ

 

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
株式会社ハウスケアでは誠に勝手ながら、年末年始休業日を下記のとおりとさせていただきます。

 

年末年始休業期間:2019年12月26日(木)~2020年1月7日(火)

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

※ホームページからのお問い合わせにつきましても、2020年1月8日(水)以降回答をさせていただきます。

休日に

こんにちは、宮前平リフォーム専門店ハウスケアの吉森です

 

先日、国立新美術館で開催していた企画展、「カルテイエ、時の結晶」に行ってきました。

カルテイエといえば、言わずと知れた由緒ある宝石ブランド、

そのカルテイエが所属するミュージアム級のジュエリーや時計を一堂に展示していました。

この展覧会は初の試みとして1970年代以降の、新しいジュエリーの展示がメインだそうです。

モダン・ジュエリーに対する知識はとぼしいですが、古きよきものを突き抜ける感性が豊かになったような気がします。

 

ジュエリーは個人蔵のものが多く貴重なものでしたが、空間も素晴らしい内装でした。

展示方法に力が入っていて、メタル技術、石の技法、装飾技術、職人技から生まれる多様な表現の数々を

各ブースごとに見ることのできる展覧会でした。

 

まず圧倒されるのは、入ったところにある大きな時計。

そして神殿のように神聖な雰囲気が漂うエントランスから始まり

布がベールとして天井から吊るされ、暗闇の中で展示品一点ずつにスポットライトが当たるように

ディスプレイされていました。

展示台に使用されているのは1,000年以上の樹齢の屋久杉。

一点ずつ端正に彫られたトルソーも趣がありました。

さらに洞窟で宝石を見出すようなイメージのような石を使った展示。

最後は彗星の軌道を描くようなループ状の巨大な什器に作品が並び

そこは低反射ガラスをケースに使ってまるでガラスがないように感じました。

 

天然の木や石や砂の中で、宝石の美しさを見せてもらいました。

照明は非常に抑えめで展示物が最大級にハイライトされるようになっていて、展示の仕方や空間の演出も素敵でした。

ライトはどこに設置してるのか探すくらい、光だけが見えました。

実物の宝石は見たこともない輝きを放っていましたね。

輝きを見ると何だか力が出てきました!

カルテイエの歴史を振り返りながら現代への展示。

まさに時の結晶でした

 

残念ながら展示会は終わってしまいました。

実際の迫力には到底及びませんが、作品の写真を少しご紹介します。

 

2カルテイエカルテイエ6g12155413iカルテイエ39

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「リノベーション」

こんにちは、宮前平リフォーム専門店ハウスケアの吉森です。

 

最近テレビや雑誌などのメディアで「リノベーション」という言葉を

よく見かけますが、リフォームと混同されやすい言葉ですね。

ハウスケアでも沢山のリノベーションを行っていますが、

お客様からも、何が違うのとご質問を頂きます。

なぜ今リノベーションが人気なのでしょうか?

違いについてお話しします。

※壁紙の張替や手すりの取り付けといった比較的小さな工事は⇒ リフォーム

※間取りの変更など骨組みだけを残して空間を全て変えるような工事は一般的に⇒ リノベーションとよびます。

リノベーション人気の理由! ☞中古住宅に新たな「価値」を与えます。

メリットが沢山あります。例えば、

費用を抑えるこができる。

家を新築するのに比べ、コストがかからず、新築のような室内空間になります。

間取りを選べる

骨組みだけの状態にしてから、室内を作り替えるリノベーションの場合、間取りを一から作る事ができます!

素材や設備を選べる

素材や設備も自由にお選びできます。

 

好きなデザイン・間取りに内装を変えられる!

というところが、リノベーションの醍醐味です。

お家の内装を変えられる時、お客様のご要望を実現するためのお手伝いを行っています。

ハウスケアには、リノベーション施工例写真もご用意しています。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

メンテナンス サポートセンター

こんにちは、宮前平リフォーム専門店ハウスケアの吉森です。

 

少しずつ、年末に近づいてゆく速度が

早まっていくような気がする今日この頃。

新年を迎える前に大掃除はもちろん大切ですが、

お家の中で直しておきたい箇所はありませんか。

年が変わる前のこの時期に、

お家の中の細かいメンテナンスを行うのもいい機会です。

気になる部分は年明け落ち着いてから直すこともできます。

ハウスケアでは小さな工事も承っております、お気軽にご相談ください。

 

もし、ご自宅で、急な修理が必要の場合や、保証期間内の修理でしたら、

下記のサポートセンターにお問い合わせください。

TOTO         0120-1010-05

イナックス(LIXIL)   0120-179-411

クリナップ         0120-126-174

タカラスタンダード    0120-557-910

パナソニック       0120-872-150

ノーリツ         0120-911-026

リンナイ        0120-054-321

ダイキン        0120-88-1081

コロナ        0120-919-302

 

 

 

 

 

進化するフロアタイル

こんにちは、宮前平リフォーム会社・ハウスケアの秦野です。

 

今日、ふと目にしたサンゲツのフロアタイルのサンプル帳が新しくなっていることに気付きました。

ぱらぱらとページを捲って、これまでにないアイディアとデザインにかなり驚きました!

 

フロアタイルのデザインというと石目調や木目調というイメージですが、固い素材という概念からは想像しえない「表現」なのです。

それが、こちら ↓ ↓ ↓

 

キ

 

アンティークラグですよ!

柔らかなラグをフロアタイルで表現するなんて・・・・と、半信半疑で施工写真をみると・・・

 

ャ

 

ちゃんとラグなんです!

サンプルを触ると、さすがに固いですが、表面の凹凸などは羊毛のテクスチャを上手く表しています。

驚きです。

 

石目調も進化しています。

アンティークタイルは素晴らしくよく出来ていて、インテリア雑誌にでてくるようなニュアンスのある内装造りも夢ではありません。

キャプチャ

チャ

 

木目調も、プリントとエンボス加工(ぼこぼことした手触り)の技術力で、本物以上のアンティークウッド(古材)です。

プチャ

 

キャプ

 

 

本物の古材は材料を揃えるのも、施工するのも手間がかかり、材料費も安くはありませんが、

フロアタイルは施工も簡単で、材料費は4,900円/㎡です。すごいですよね。

 

フロアタイルの発想とデザインの進化には、ただただ驚きです。

フロアタイルで表現できないデザインはないのかもしれません。

各メーカーから豊富なラインナップのデザインがでているので、お好みの空間に合うものがきっと見つかるはずです。

 

古くなったフローリングの上からも貼ることができるので、床のリフォームの際にはフロアタイルをぜひご検討ください!

 

 

 

玄関収納

こんにちは。宮前平リフォーム専門店ハウスケア吉森です。

 

2020年まであと少しです。今年も残りわずかとなりました。

去年も早かったですが、今年も早かった感覚です。

皆様はどんな一年だったでしょうか。

 

この時期、少しずつ大掃除の準備を始めているでしょうか、

忙しい年末には掃除ばかりに時間をかけられないですよね…..。

どこが気になりますか、家の印象を左右する場所は…..。

家に入るとき、まず目に入る場所は玄関です。

玄関がきれいに掃除されていると気分がよくなりますね。

 

美しく趣のあるスッキリした玄関収納のリフォームはいかがでしょう。

玄関は、いつもキレイにしておきたいのに、家族全員が使う場所なので散らかりがちです。

家族のライフスタイルをイメージして、ぴったりの玄関収納を選びませんか。

収納、掃除のお悩みが解決します。

モノのサイズ(高さ、奥行)、人の動き(手が届く範囲)に注目してプランニングすれば、

使い勝手に優れた、あなたにぴったりの収納のカタチが見えてきます。

 

靴が多くて下駄箱に入らず出しっぱなし、届いたDMがちょっと置きっぱなし、

子供のおもちゃが出しっぱなし。これでは散らかった印象になってしまうかもしれません。

玄関を整えると、急にお客さまが来た時にも安心です。

まずは整理から始めて、玄関収納リフォームを考えてみませんか。

 

1玄関収納 玄関収納3

玄関収納2

 

 

玄関収納5 玄関収納6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフォームで空室対策&資産価値アップ!!

こんにちは、宮前平リフォーム会社・ハウスケアの秦野です。

 

早いもので、 今年も残すところ1か月を切りました。

今年を振り返ると、大きな工事では不動産物件の依頼が多く、戸建やマンションのフルリノベーションを多く施工させていただきました。

 

古く、傷みの激しい物件がリノベーションされることが多いので、施工後の変化は劇的です。

充実した設備と内装は、新築同様で、内装材も需要に合わせてデザイン性を高めると、不動産物件として魅力が高まります。

 

実際にリノベーションした物件は、すぐに部屋の借り手がついたり、購入が決まるケースが多いようです。

それまで借り手がつかなかった物件の空室対策や、資産価値をアップする目的で、リフォームは有効です。

空室にお悩みのオーナー様、中古物件の売買をお考えのお客様、お気軽にハウスケアにご相談ください。

 

(賃貸住宅の施工例)

BEFORE

b044-1b044-6b044-8

b044-2b044-3

b044-4b044-5

 

 

AFTER

a044-2a044-3

a044-6a044-4

a044-5a044-7

a044-8a044-14

a044-9

a044-15a044-17

 

 

 

ホーム > アーカイブ > 2019年12月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る