ホーム > アーカイブ > 2019年3月のアーカイブ

2019年3月のアーカイブ

家のかかりつけ医

こんにちは。宮前平リフォーム専門店ハウスケアの山本です。

 

先日、お客様より嬉しいお言葉をいただきました。

 

「今回は少し工事を見合わせますけれども、これからも何かあったときにはかかりつけ医のように頼りにしています。」

 

ハウスケアはリフォーム店ですが、リフォーム工事をして終わりではありません。

何度も利用してくださるお客様も大勢いらっしゃいます。

網戸が破れてしまった。

雨ざらしのベランダをどうにかならないかしら?

収納棚を作って欲しい

襖の貼替えってできますか?

 

少し困ったときには、家のかかりつけ医にご相談ください。

そしてハウスケアが皆様にとって安心できるかかりつけ医でありますよう、がんばってまいります。

 

シフォンケーキ工房造り③

こんにちは、宮前平のリフォーム会社・ハウスケアの秦野です。

 

シフォンケーキ工房造り、今日は最終回です。

内装工事が終わった工房に、冷蔵庫やオーブンなどの設備が搬入されます。

シフォン工房_190305_0044シフォン工房_190305_0048

 

作業台を兼ねて、冷蔵庫や冷凍庫はテーブル型のもの(コールドテーブル)、さらに広い作業スペースの確保のため、

幅1200㎜で奥行き750㎜の大型のもの2台と幅1500㎜で奥行き600㎜を1台を選びました。

いずれもかなり大きさです。

奥行き750㎜のものは、部屋のドアからの搬入ができない大きさです。

 

食品収納庫が2つの部屋の壁を抜いて造ったことを、前回の記事でご紹介しましたが、2つの部屋を繋げた理由はここにあります。

この収納庫から、冷蔵庫を搬入するのです。

工房から食品庫を通して繋がった部屋は、玄関横の部屋で大きな掃出し窓があります。

この掃出し窓から冷蔵庫を室内に入れ、収納庫から工房へと搬入するのです。

 

シフォン工房_190305_0064シフォン工房_190305_0063

↑ 掃出し窓を取り、冷蔵庫を搬入、収納庫を通って、無事工房内へ搬入できました!

 

シフォン工房_190305_0071シフォン工房_190305_0075

幅1200㎜、奥行き750㎜の冷蔵庫と冷凍庫が並び、その左には幅600㎜の作業台を設置。

3mの作業スペースができました。

横に長いので、シフォンケーキを造る作業を工程に従って、流れ作業ですることができます。

 

作業スペースの上には、吊戸と棚の位置を可動できるオープン棚(写真は棚の設置が間にあいませんでした)があり、

吊戸には調理器具などを収納、オープン棚には大量に必要となるシフォン型を並べておくことができます。

シフォン工房_190305_0074シフォン工房_190305_0076

作業スペースの横には、2槽シンクを設置。

使い終わった型や調理器具を洗い、作業台におけば、また次の作業へと「流れ」が自然とできる仕組みです。

 

作業スペースの横には、幅1500㎜、奥行き600㎜のテーブル型の冷凍庫を設置。

こちらも作業台としての活用はもちろん、出来あがったシフォンケーキを保存できる冷凍保存庫になります。

 

シフォン工房_190305_0067シフォン工房_190305_0072

換気扇(パネル仕上は未)の下に、オーブンと急速冷却機を設置。

四角形のお部屋の周囲をぐるりと周回できるように、設備を配置しているので、作業動線がよく、スペースに無駄がない設計になっています。

 

お施主様と一緒に、何度も何度も動線や寸法を打ち合わせてきたリフォーム。

随所にお施主様のこだわりと工夫が施された空間に、たいへんご満足いただけました。

 

シフォン工房_190305_0062シフォン工房_190305_0060

 

↑ 工房の入口には、新規にドアを設置。

濃紺の格子窓がついたドアは、工房のイメージにぴったりです。

 

image2

 

ドアに合わせて、壁紙をマットなブルーに貼り替えました。

 

image4image3

 

その壁の色に合わせて、オープンのお祝にスワッグをお贈りしました。

スワッグは生花のままかけて、まずはフレッシュな花を楽しみ、そのままかけておくとドライフラワーになるので、長く飾って楽しむことができます。

 

 

シフォン工房_190319_0088シフォン工房_190319_0090

 

新しい工房では、シフォンケーキが焼かれています。

こだわりの卵で作るシフォンケーキは、ふくらし粉なしで、トールタイプの型を超えるほどふっくらと膨らんでいます。

ふっくらしているのにもちもちとしていて、まるで赤ちゃんのほっぺたのようです。

 

シフォンケーキ屋さんの名前は、『ゆぅたんのほっぺた』。

ゆぅたんは娘さんの名前で、そのほっぺたのようだから、だそうです。

まさに、その名にぴったりのシフォンケーキです!

 

シフォン工房_190319_0086シフォン工房_190319_0092

 

シフォンケーキで作るラスクも作られています。

焼印にもなっているお店のロゴとなる絵は、奥様が描かれたもの。

工房の隣のお部屋には、出来あがったシフォンケーキが箱詰めされ、積み上げられています。

 

『ゆぅたんのほっぺた』は、4月4日ネット販売が開始されます。

『ゆぅたんのほっぺた』ホームページから、ご注文いただけます。

 

また、オープンに先だって、3月31日(日)開催の宮崎台ふるさと桜まつりに、特別試食出展されるそうです。

15時から、駅前広場です。どうぞ、その美味しさをお試しくださいね。

 

4月13日(土)には、宮崎台さくら坂スタジオで、対面販売もされるそうです。

通常はネット販売のみですので、この機会に買いにいかれてはいかがでしょうか?

 

 

シフォンケーキ工房造り②

こんにちは、宮前平のリフォーム会社・ハウスケアの秦野です。

 

シフォンケーキ工房造りの2回目は、プラン造りと工事の様子をご紹介します。

まずは、工房となるご自宅の一室の現調と、リクエストのヒアリングに伺いました。

↓ 工房となるお部屋

新谷様_190326_0009新谷様_190326_0008

 

6畳の洋室(フローリング)に、クローゼット収納がついたお部屋でした。

ここに、製造室にするための設備、内装仕上げ、収納保管庫を造ります。

新谷様_190326_0006新谷様_190326_0002

お部屋に2ヶ所ある窓。

換気や採光のための窓ですが、冷却装置などの音の近隣への配慮のため、また電気配線のために塞ぐことにしました。

設備機器の配置は、何度も何度もお施主様と打合せを繰り返し、お部屋の大きさや作業動線がもっとも良くなるプランを試行錯誤しました。

 

シフォン工房_190305_0004シフォン工房_190305_0016

電気配線から、リフォーム工事がスタート。

窓隠蔽に伴い、壁を数センチふかすので、空いた空間に自由に電気線を配すことができます。

作業台の上、冷蔵設備の横など、使い勝手のよい位置に数ヶ所、コンセントを設けます。

 

↓ クローゼットの扉を撤去し、開口を拡大して、容量の大きな食品保存庫(ウォークイン)を造ります。

シフォン工房_190305_0019シフォン工房_190305_0020

隣の部屋の仕切り壁を撤去し、双方の部屋へウォークスルーできる収納庫を造ります。

部屋中央まで換気用のダクトを伸ばし、換気設備を造ります。

 

シフォン工房_190305_0028シフォン工房_190305_0022

↑ 壁に垂木を組み、合板を貼っていきます。

給水、コンセントの電源を取り出し、壁の下地が完成です。

 

シフォン工房_190305_0029シフォン工房_190305_0030

↑ 換気扇周りの造作も完了し、木工事が完了しました。

 

シフォン工房_190305_0041シフォン工房_190305_0046

↑ 壁紙を貼るためのパテ処理をして、壁紙、床のフロアタイルを貼ります。

 

シフォン工房_190305_0043シフォン工房_190305_0048

 

工房へ入るまでのフロアタイルも新規に貼りました。

工房外の明るいモザイクタイル調のフロアタイルと対照的に、工房内はインダストリアルなイメージの濃い茶色の市松模様のタイルです。

仕事の空間である「オン」と、ご自宅の「オフ」の空間を、内装材で明確に区分けしています。

工房内の壁は落ち着いたグレー、天井はブラックを貼り、「工房」内を男前なインダストリアル空間に仕上げました。

 

次回は、調理設備が入ります。

どうぞ、お楽しみに!

 

シフォンケーキ工房造り①

こんにちは、宮前平のリフォーム会社・ハウスケアの秦野です。

梅の花が満開を過ぎ、来週は桜の開花の予定ですね。
陽の光も、空気の温かさもすっかり春めいてきて、いよいよ春です。

 

image3

 

今日は、ハウスケアがプラン・施工させていただいたシフォンケーキ工房をご紹介します。

写真は、先週末のお披露目会に伺った際に、工房のイメージに合わせて贈ったスワッグの写真です。

物語のあるリフォームですので、少しずつ紐ときながらご紹介していきたいと思います。

 

遡ること、去年の冬のこと、奥様からの電話をとったのがたまたま私でした。

 

・シフォンケーキの工房を自宅の一室に作りたいということ

・製造許可に必要な設備を備えたいこと

・今のお店をたたむので、3月までに準備を整えたいとのこと

 

シフォンケーキ、ご自宅の一室、と聞いた時点で、勝手に頭の中で、奥様の趣味が高じてお菓子の工房を持つものと思っていたので、

最後の条件を聞いて、????

どなたがシフォン工房をされるのか、尋ねたところ、なんとご主人が家業として考えておられることが分かりました。

 

家業として、シフォンケーキ!

ずいぶんと勇気があるなあ、と失礼ながら思ったのを、よく覚えています。

 

後日、営業担当の今井と、今回のリフォームのプランナーとして、お施主様のご自宅を訪れました。

とてもにこやかで温かな印象のご夫婦と愛らしい赤ちゃんがお出迎えしてくれました。

お話しを伺うと、ご主人は池尻大橋に店を構える『紀伊国屋商店』というこだわりのある八百屋さんの三代目で、

テナント契約終了を機に、青果業を閉め、シフォンケーキ、つまり製菓業に転業しようと思い立ったそうです。

青果業から製菓業へ・・・

お若いのに、ダジャレがお得意で(笑)。

一気に打ち解けて、その後の打合せが進みました。

 

ご主人のシフォン工房造りへの熱い思い、綿密な計画、着実な見通しを伺い、家業としてやっていく意味と意気込みをひしひしと感じました。

ならば、全力で応援するのみ。

プランニング作りに取りかかりました。

 

続きは、また来週・・・・・

 

 

 

壁紙の使い方

こんにちは。宮前平リフォーム専門店、ハウスケアの山本です。

 

穴の開いた我が家の壁リフォームをどうするか。。。

悩みながら壁紙カタログを見ていると、素敵な事例を見つけました。

サンゲツ 押入れアクセントクロス

クローゼット内のポップな黄色いドット!

このドットを見たいから、見せたいから、クローゼット内をきれいに片付けしたくなりませんか?

 

「壁紙」という名前ですが、壁以外にも天井にもクローゼット内にも使用されています。

暗い廊下の物置だって、開けると青空が広がっていると楽しいですよね。

アクセントクロスの初心者は、こんなところから冒険してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

洗面化粧台をスタイルアップ!

こんにちは、宮前平のリフォーム会社・ハウスケアの秦野です。

 

今日は、スタイリッシュな洗面化粧台「ESCUA」をご紹介します。

「ESCUA」は、暮らしや住まいの「こうしたい」というスタイルを

セミオーダー感覚で叶えられるTOTOの洗面化粧台です。

こだわりのパーツを組み合わせて、空間にもお客様にもピッタリフィットし、デザイン性と機能性が高いのが特徴です。

 

実際の施工例をご紹介します。まずは、ビフォアから・・・

b_050-1 b_050-2

オーソドックスなタイプの洗面化粧台でした。

洗濯機にブラックを選ぶお施主様は、デザインにこだわりがあります。

 

洗面化粧台をデザインにこだわって選ぶと・・・・

 

a_050-1

 

クリスタルカウンター仕様の 「ESCUA」になりました!

透明素材に繊細な柄を組み合わせたクリスタルグレーのカウンターは、洗面空間を個性的に彩ります。

 

a_050-4  a_050-2

 

収納もベースキャビネットとトールキャビネットを組合せて、充実しています。

ブラックの洗濯機との組み合わせもよく、統一感とデザイン性のある洗面空間に仕上がりました。

 

クリスタルカウンターは、TOTOのキッチンでも既に使われている素材です。

キッチンと合わせてのコーディネートもお楽しみいただけます。

 

リフォームの現調&見積は無料です。

お気軽に、ハウスケアまでご相談ください。

収納造作のプラスα

こんにちは。宮前平リフォーム専門店、ハウスケアの山本です。

 

何度もハウスケアをご利用いただいているお客様とお話しする機会がありました。

そのなかでも寝室の収納造作工事をとても気に入ってくださっているそうです。

見た目もすっきりとして、使いやすいのはもちろんのこと、

「眠っているときに地震が来ても、タンスが倒れてくる心配がないじゃない?」とのお言葉。

なるほどなぁ~と目からウロコでした。

 

また地震対策のために、家具の固定を依頼されるお客様もいらっしゃいます。

天井との突っ張りタイプや柱とのベルトタイプだと、やはり見栄えが気になりますよね。

L字金具で壁と家具を固定すると、すっきりとして見えます。

ただし、壁の中の間柱部分に固定しないと意味がありません。

マンション住まいの我が家の壁も、すぐに穴が開きましたしね・・・

 

弊社管理物件のトータルリフォームをする際にも、収納スペースを使いやすくしたり、新しく造作したりしています。

引越しの際に家具の置き場に悩んだり、新しい部屋との雰囲気が合わなかったりってありませんか?

そもそも家に収納がついていれば、問題なし!

 

新居購入のとき、ライフサイクルの変化のとき、部屋の模様替えを考えたとき、

地震対策にもなる収納造作を思い出してもらえると嬉しいです。

 

ホーム > アーカイブ > 2019年3月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る