ホーム > アーカイブ > 2018年11月のアーカイブ

2018年11月のアーカイブ

明日から師走

こんにちは。宮前平リフォーム店・ハウスケアの山本です。

年賀状準備の時期ですね。

これまで2度3度と、何年、十何年にもわたってご利用してくださるお客様。

縁合って今年ご利用頂いたお客様。

本当にたくさんのお客様に支えられていると実感します。

おかげさまで、営業担当も職人も毎日忙しく飛び回っています。

電話をいただいたお客様、来店してくださったお客様、ひとつひとつの縁を大切にずっと繋いでいけますように。。。

感謝の気持ちをこめて、年賀状の準備をすすめます。

落ち葉掃き

こんにちは。宮前平リフォーム専門店、ハウスケアの山本です。

すっかり冷え込んできました。

目の前にある街路樹のイチョウが色を変えつつあります。

猛暑から猛台風と、のんびりと秋を感じる間もなく、もう師走は目の前です。

そんなとき少し店頭で落ち葉掃きをすると、五感で秋を感じられます。

普段の生活に追われて通り過ぎるイチョウ並木。

でも、ときには足を止めて季節を感じたいものです。

そして通り過ぎる人と挨拶を交わす。

ささいな光景ですが、ずっと伝えていきたい日本の秋です。

IMG_2810

クリナップ スタートダッシュコンテスト2018

こんにちは、宮前平リフォーム店・ハウスケアの秦野です。

 

ハウスケアは、クリナップ株式会社が主催し4000社以上が加入している「水まわり工房」の正会員です。

毎年開催されるスタートダッシュコンテスト。このコンテストは、4月~9月の半年間でクリナップの商品をどれだけ販売したかを競うコンテストです。

ハウスケアはクリナップ賞を受賞しました。

クリナップをお選びいただきましたお客様、ありがとうございました!

S__59547651

キッチン収納の問題解決

こんにちは、宮前平のリフォーム店ハウスケアの秦野です。

 

今日は、システムキッチンの背面の収納に、お悩みの方にご参考になる事例をご紹介します。

システムキッチンの背面のスペースに、システムユニットの収納がついている場合、みなさんどのような収納をされているでしょうか?

家具屋さんで購入した食器棚を据え置いたり、ユニットシェルフを自分仕様に組み合わせたり。

でも、組み合わせるものによっては奥行きが違ったり、デザインが微妙に違ったり、とチグハグだったりということがありませんか?

 

今回のご要望は、そんな問題解決のリフォームです。

↓ こちらがリフォーム前のキッチン収納です。

b_054-3

 

冷蔵庫と既成の食器棚をはじめに組み合わせてお使いだったのでしょう。

この2つ並びですと、右側の壁が30cmくらい余ってしまい、スペースがもったいないですね。

そのスペースにお持ちの箪笥を追加されていますが、今度は幅がサイズオーバー。

扉まではみ出してしまうのと、デザインが異なる収納で、見た目が少しチグハグになっていました。

 

b_054-1b_054-2

冷蔵庫と食器棚では奥行きも、違います。冷蔵庫が出っ張ってしまっています。

 

この問題解決のために選んだのが、システムキッチンの収納です。

システムキッチンは、コンロやシンクの付いているキッチン部のみだけはなく、独立した収納部が充実しています。

あらゆる間口(幅)に対応できるよう、様々な寸法が用意されているのと、収納部の仕様も多様で、

収納するものによって様々な組合せができるのが魅力です。

 

↓ リフォーム後がこちらです。

a_054-3

みてください!間口(幅)ぴったりの収納が出来上がりました。

 

右側の収納は、細かく収納できる引き出しが多数付いたカウンターと、吊戸のキャビネット付きの収納。

引き出し収納は、収納したものを引き出して一目瞭然で見ることができるので、とても便利な収納です。

この収納には、浅めの収納が6段、深めの収納が3段もついていて、使い勝手抜群です。

引き出し式の炊飯器収納がつき、カウンターには電子レンジなどがおけます。

吊戸も高さがあり、使う頻度の低いものなども、たっぷり収納できます。

この右側の収納は、クリナップのステディアという新しい製品です。扉パネルの色柄もスタイリッシュですね。

ただ、こちらの商品はクリナップの商品の中ではハイクラスで、コストが若干かかるのがネックです。

 

そこで、左側の引き戸収納に選んだのが、同じくクリナップのラクエラという商品です。

同じメーカーの収納なので、サイズモジュールが似ているので、違和感なく組合せできます。

2つのシリーズの組合せで、必要な機能をみたしつつ、価格も抑えることができました。

a_054-1a_054-2

 

横からみても、すっきりとした収納になりました。

 

キッチン収納にお悩みの方は、ぜひ一度ハウスケアにご相談ください。

現場採寸、お見積無料で、ご提案させていただきます。

まちかど掲示板

こんにちは。宮前区のリフォーム専門店、ハウスケアの山本です。

 

当店にはお客様に分かりやすいように、大きなリフォーム施行例の掲示板があります。

ひとくちにリフォーム店と言っても、扱う内容が様々ですから、

「寒くなってくるから、お風呂や窓のリフォームがおすすめかな?」

などと考えつつ、掲示物を選んでいます。

IMG_2779

 

今回、そこに新しく「まちかど掲示板」というコーナーを作ってみました。

IMG_2775

ハウスケアは地元のみなさまに愛されてお仕事いただいています。

みなさまに感謝の気持ちをこめて、

みなさまの交流に少しでもお役にたてるように、

地元のために頑張ってるみなさまを応援するために・・・

どうぞ少し足を止めて、わたしたちの街を再発見して、さらにこの街を好きになってくれると嬉しいです。

サンルームにリフォーム!

こんにちは。宮前区のリフォーム店、ハウスケアの山本です。

新人の(じゃなくても)お仕事、電話番。

みなさまからいろいろなご相談のお電話をいただきます。

なるほどーと思える内容もしばしば。

 

今回は、今あるベランダをサンルームにリフォームできますか?というご相談でした。

今あるベランダ、日当たりはいいけれども冬場は風が冷たい・・・。それが温室のようになるなんて!

花粉症対策、防犯対策もOK。お天気を気にせず洗濯物を干すこともできます。

LIXILサンルーム YKKサンルーム

 

 

 

 

 

 

 

ベランダの屋根が透明になると、お部屋も明るくなりそうですね。

いかがですか?

リフォームの世界、少し覗いてみるだけでも楽しいですよ。

施工例続々更新してます!

こんにちは、宮前平リフォーム専門店ハウスケアの秦野です。

朝晩の冷え込みに、温かい寝床からでたくなる季節になりました。

ハウスケアの店舗の前の街路樹の銀杏も色づき、冬の訪れが間近かになったのを感じます。

 

今年も早いもので、残すところ1か月半。

年賀状のデザインもそろそろと考え始めています。

ハウスケアのリフォームのお仕事も、ありがたいことに多くのお客様からご依頼いただき、年内の現場はいっぱいになってきました。

 

これまでの施工事例も、続々と更新しています。

「施工事例&お客様の声」のページから、ご覧いただけます。

 

トータルリフォーム ⇒ 詳しくはこちら

空室に悩むオーナーさんからのご依頼で、賃貸マンションのリフォームをしました。

「住んでみたい!」と思うようなお部屋になりましたよ!オーナー様必見!!

a033-1

 

キッチン収納リフォーム ⇒ 詳しくはこちら

ごちゃごちゃとなりがちなキッチン収納の問題は、システムキッチンを組み合わせると解決できます!

a_054-1

 

和室を洋室にリフォーム ⇒ くわしくはこちら

ご要望の多いリフォームです。お子様の成長や生活様式の変化に合わせて、お部屋も変化できます。

a_043-3

 

洗面所にも収納力を ⇒ くわしくはこちら

洗面所に収納力があると、洗濯物やちょっとした着替えができて便利です。

a_046-2

 

収納までオールインワンのトイレ ⇒ 詳しくはこちら

トイレまわりがすっきりとします。

a_078-1

 

こどもとかめらplus

こんにちは、宮前平リフォーム専門店ハウスケアの秦野です。

 

ちょうど一年前に、宮崎台の私設地域コミニュティ―スペース「さくら坂スタジオ」のリフォームを、ハウスケアでさせていただきました。

さくら坂スタジオでは、日々イベントやお料理教室、FMラジオなどの利用で賑い、人と人が交流し、地域に楽しげな活気を生みだす場所になっています。

 

あれから一年。

同じビルの2階に、“こどもとかめら”さくら坂スタジオのコラボレーションで、「こどもとかめらplus」がオープンしました。

「こどもとかめらplus」は、カリスマ・ママフォトグラファーの今井さんのスタジオと、さくら坂スタジオの支配人・奥津さんの地域コミニュティ―カフェ設備が併設された施設です。

このコミニティカフェのキッチン部のリフォームを、前回に引き続き奥津さんからお声かけいただき、ハウスケアで施工させていただきました!

 

まずは、 「こどもとかめらplus」がどこにあるかというと・・・・

宮崎第2公園の前の道路の向こう側の建物(チャンプカメラが入っていたところ)の隣に、古道具屋の「商屋」さんがあるのをご存じでしょうか?

この商屋さんの右横の階段を上った2階にあります。

プラスカフェ_181113_0013プラスカフェ_181113_0003

リフォーム前の様子からご覧ください。

この緑色のテントの階段を上ると、スタジオの入口です。

もともと喫茶店だったスペースで、カウンター付きのキッチン部が居抜き状態でありました。

 

プラスカフェ_181113_0009プラスカフェ_181113_0004

壁面右側のレンジフードのみ、そのままに、営業許可のとれるキッチン設備を作ります。

「こどもとかめらplus」さんからの希望は、熱源はIHコンロ、営業許可がとれるようにシンク2つ、作業台を兼ねた冷蔵庫の設置。

店舗キッチンではステンレスの業務用キッチンの設備を組み合わせるのが一般的ですが、間口2800㎜の間の組合せでは、どうしても150㎜余ってしまいます。

キッチンの片側が150㎜余るのは見た目にもよくないですし、そのスペースがカウンターとして取れれば、作業スペースが増えます。

 

この問題解決のために、選んだのが家庭用キッチンの特注です。

クリナップのラクエラをIHコンロ、シンクを2つつけて、間口ギリギリまでのサイズで作ることに。

特注だと高いのでは・・・・?と御心配になるかもしれませんね。

家庭用のキッチンは、商品代を割引してご提供できるので、トータルの金額は業務用の設備と大差なく入れることができます。

 

プラスカフェ_181113_0005プラスカフェ_181113_0011

 

右側には開口いっぱいにシステムキッチンを入れます。吊戸は、そのままお使いになるとのことで、そのまま活かします。

左側には、テーブルタイプの冷蔵庫を設置したいとのご希望で、奥行き600㎜を希望されましたが、

図面でスケールをとると、作業スペースとしても通路としても狭すぎます。リフォームの場合、スケール(寸法)は重要です。

これまでのリフォームの実績や経験から、一番いいご提案をさせていただきます。

今回の場合は、奥行き450㎜の薄めで幅の広めの1500㎜の冷蔵庫をお勧めしました。

 

工事が完了し、新しいキッチンが入りました!

プラスカフェ_181113_0018

 

間口ぴったりにシステムキッチンが入りました。

業務用キッチンで殺風景だったキッチンが、白いパネルで、明るく清潔感あるキッチンに生まれ変わりました!

プラスカフェ_181113_0017プラスカフェ_181113_0016

 

右に3口のIHコンロ、中央から左に大きなシンク2つ、飲食店の設備としては十分です。

 

プラスカフェ_181113_0021プラスカフェ_181113_0022

 

11月初めに、行われたイベントにお邪魔しました。

キッチンのカウンターに立つのは、ここの支配人で街づくり仕掛け人の奥津さん。

この日のイベントは、わが家の次女がお世話になっている、こどもおかし教室berryのお菓子の文化祭。

プラスカフェ_181113_0025プラスカフェ_181113_0024

 

このお教室のこどもたちが、毎年エントリーしている『全国小学生パティシエ選手権』の実際の応募作品を展示して、食べます。

 

プラスカフェ_181113_0023プラスカフェ_181113_0026

 

今年のテーマは、「なかよくなれるおかし」。

なかよしのお友達と笑いながら遊ぶ福笑いを作った子の発想が面白いです!

全国から、677通の応募があり、上位50人が入賞です。こちらの作品ともう2作品の3作品が、入賞という素晴らしい成績を収めました。

 

そして、入賞の中から10人だけが選ばれて、夏休みに開催される決勝大会に出場します。

有名なパティシエを審査員に迎え、小学生がたったひとりでキッチンに立ち、2時間半で自分のお菓子を作るのです。

その決勝大会に、わが家の次女が出場させてもらいました。

夏休みは特訓に特訓を重ねて、周りの方たちの支えと応援を受けて、たったひとりで大きな舞台でお菓子を作りきりました!

 

プラスカフェ_181113_0027プラスカフェ_181113_0020

 

作品タイトルは、「畑のめぐみで休けいしましょ!」。

仲良くなりたいのは、大嫌いなトマト。トマトと仲良くなるために、よく行くおじいちゃんの畑でトマトを育てるところから始めました。

畑仕事の合間に、次女はいつも皆のお茶を用意してくれます。その時に出すお菓子をイメージして、

まずはのどを潤すための、生のトマトのはちみつマリネ入の炭酸ドリンクと、疲れをとるための甘いトマトシフォンケーキ(中のトマトは次女が畑で育てたもの)、塩気のあるドライトマトとピスタチオのビスコッティも添えて。

お菓子の周りは、野山をイメージして、草花で飾ってあります。

左は、実際の決勝大会で次女が2時間半たったひとりで作り上げたもの。3種類のお菓子を作るという工程の多い作業を、黙々とこなしたそうです。

右は、この日のための試食のお菓子。

 

全国小学生パティシエ選手権の結果報告の記事は、明日11月14日の朝日新聞の夕刊とこども新聞に掲載されるそうです。

 

次女の通う、こどもおかし教室berryのお菓子教室は、さくら坂スタジオで開催されています。

ハウスケアの施工したキッチンで、ぜひ作ってみませんか?

 

今日の夕方、「こどもとかめらplus」さんの店舗入口のテントを張り替えました!

プラスカフェ_181113_0013プラスカフェ_181113_0028

 

今回ご依頼いただいたリフォームの完了です!

こどもとかめら様、さくら坂スタジオ様、ありがとうございました。

 

カタログあれこれ

こんにちは。宮前平リフォーム専門店、ハウスケアの山本です。

新人事務のお仕事のひとつ、カタログの整理です。

キッチン、バス、洗面所、トイレから壁紙、床材、タイル、ドアに窓に照明、カーテン、ブラインド、畳に畳縁、襖紙・・・

多種多様とはこのことです。

様々なメーカーさんが工夫してこだわって改良をかさね、今の私たちの暮らしがあるのだなぁ。

と、ついつい眺めてしまう、昔のアルバム整理のような状況に。。。

次から次へと出てくる新しい機能を見ていると、楽しいですよ!

店頭にもいくつかご用意していますので、ぜひお持ち帰りになってゆっくりご覧ください。

IMG_2748IMG_2751

TOTOリフォームフェア開催しました!

こんにちは。宮前平リフォーム会社のハウスケアです。

10月13日、14日にTOTO横浜港北ショールームで、秋のリフォーム感謝祭「TOTOフェア」を開催しました。

ご来場いただきましたお客様、お忙しいところありがとうございます。

 

2018/10/14TOTO_181015_0041 2018/10/14TOTO_181015_0027

TOTOのショールーム内です。

最新のキッチンや洗面所、お風呂と私たちも見ているだけで楽しく、勉強になります。

 

まずはキッチン。高品質なザ・クラッソに、さらに使い勝手のよくオシャレな周辺ユニットのご紹介です。

落ち着いたモスグリーンの扉カラーに優しい木目のカウンター&アイレベルウォールキャビネット。

ここに収納があれば便利だな・・・と後から木工事をお願いするところを、トータルで取り付けられます。

見られてもいいから見せたいキッチンへと進化しています。

家具のひとつとして様々な色の組み合わせを楽しみたいですね。

 

2018/10/14TOTO_181015_0025 2018/10/14TOTO_181015_0024

お次は洗面台。洗面ボウルを乗せたような形のオシャレなベッセルタイプです。

手洗い、洗顔、歯磨き・・・。日常の身支度が、ちょっと特別な時間になりそうです。

 

ちょっと特別な時間といえばお風呂。

浴槽にヘッドレストを一体化。人間工学をもとにした設計でリラックス度upです。

頭を休めているところに、肩まわりにお湯を浴びる肩楽湯。

幅広のお湯なので、リフレッシュもリラックスもお好みで。体験したいですよね!

 

2018/10/14TOTO_181015_0029 2018/10/14TOTO_181015_0042

今回は段ボール製のマイハウスを作成するワークショップを開催しました。

実際に使用する床材や壁紙からお好みで選んでいただいて、自分だけのマイハウスをつくります。

何通りもの組み合わせがあるので、悩んでしまいますよね。

いろいろ悩むのもリフォームの楽しみのひとつです!

 

2018/10/14TOTO_181015_0045 2018/10/14TOTO_181015_0040

ご覧の通り、様々なマイハウスが出来上がってきました。

持ち手も付いて、中にいろいろ入れることが出来ます。

来場したお子様も楽しく作成して、ドアも窓もつけて立派なマイハウスです。

 

あたり前にいつも暮らしている「おうち」について、少し興味を持ってくれると嬉しいです。

着心地のいい服を選ぶように、これからも皆様の住み心地のいい家を作っていくお手伝いをしていきます。

 

最後になりましたが、新しくハウスケアで働くことになりました山本と申します。

初めてのことばかりな毎日です。

プロの視点ではなく、お客様に寄り添った目線から感じたことをお知らせしていけたらと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

ホーム > アーカイブ > 2018年11月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る