ホーム > アーカイブ > 2014年11月のアーカイブ

2014年11月のアーカイブ

床リフォーム⑤

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、床リフォーム⑤カーペットの床→剥がして、フロアタイルを貼る、をご紹介します。
このリフォームは、先日紹介したカーペットの床→フローリングよりも、コストを抑えられるのが利点です。
フローリング柄を選ぶことはもちろん、色柄豊富なフロアタイルなら、石目調やテラコッタ調など、お好みに合わせて選ぶことができます。

 

実際の施工例でご紹介すると・・・・・

DIGITAL CAMERADIGITAL CAMERA

まずは、カーペットを剥がして、下地を調節します。

 

DIGITAL CAMERADIGITAL CAMERA

床全体に、接着剤を塗って、しばらく乾くまで待ち、フロアタイルをフローリングを貼る要領で組み合わせて貼ります。

 

↓出来あがりの見た目は、フローリングとかわりませんね。

DIGITAL CAMERA

DIGITAL CAMERA

 

工期が短く、予算を抑えて、色柄のバリエーションを楽しみたい方におすすめです。

床リフォーム④

こんにちは、ハウスケアの秦野です。
今日は気持ちのよい小春日和ですね。
昨日は冷たい雨だったので、ほっとします。

今日は、床リフォームの④カーペットの床  → 剥がして、フローリングを貼るをご紹介します。
築30年以上の古い分譲マンションには、カーペット貼りのお部屋をよく見かけます。
ライフスタイルやインテリアの変化に合わせて、床をリフォームする際に、フローリングに替える場合が多くあります。
フローリングには、カーペットに比べて、ほこりやダニが溜まりにくく、メンテナンスがしやすいという利点があります。
ただし、カーペットからフローリングに変えるには、マンションの場合、防音性を考慮しなくてはなりません。
カーペット貼りの場合は、コンクリートスラブの上に、下地を設け、その上にカーペットを貼っている場合が多く、フローリングに変更する際にはカーペットと同様の防音性を求められるからです。
この場合には、裏にクッションを貼った遮音効果のあるフローリングを選ぶことで、防音の問題は解決できます。

 

実際の施工例でみてみましょう。
a_006-1a_006-2

こちらは、戸建住宅のカーペット貼りのお部屋です。
クローゼットは湿気が溜まりやすく、壁や床にカビの黒ずみがみられます。
a_006-3a_006-5

施工は、まずカーペットを剥がし、下地を調整し、フローリングを貼ります。

 

b_006-1

フローリングを貼り終った部屋です。
カーペットを剥がす状況や壁クロスの張替えの有無にもよりますが、施工は一日で済むこともあります。

b_006-5b_006-2

 

 

マンションなどで、遮音性の高いフローリングをお考えの方で、フローリング自体にこだわりたい方におすすめなのが、ボードの集合住宅用直貼防音床「ワイルド45」です。
表面単板は無垢材で、仕上げはレトロ調の塗装で、アンティークな家具が似合う温かみのある 心地よい雰囲気を演出するフローリングです。直貼りフローリングで、無垢材を諦めていた方に、ぜひおすすめです。

カラーバリエーションも豊富↓で、リクエストで、オリジナルカラーもカスタマイズしてくれます。

lw-61lw-7

lw-5lw-4

lw-3lw-2

lw-1

 

わが家の床も、こちらのフローリングを使って、施工してもらいました。
部屋の大きな面積を占める床は、インテリアの印象を左右するので、選び方次第で様々なテイストのインテリアに仕上げることができます。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

シンプルな空間をイメージした白とグレーを基調にしたリビング・ダイニングにはグレーのフローリング。

 

flooring-4flooring-5

 

温かみのある寛ぎある寝室には、ナチュラルなフローリング。

床のリフォームの際、色や素材にこだわってフローリング材を選ぶこと、ぜひおすすめします!

 

カラーコーディネート

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、先日ご紹介したカラーコーディネートブラインドを使ったインテリア空間をご紹介します。

ブラインドといえば、どのようなイメージをお持ちですか?
オフィスで使われているような無機質なイメージでしょうか。
アルミ素材でできていたり、使い方が難しそうだったりと、カーテンに慣れている方には、ブラインドを実際にインテリアとして取り入れることに抵抗がある方も多いと思います。

カーテンに比べて馴染みの薄いブラインドですが、実際に使ってみると、機能的で色柄も豊富で、インテリア性も高く、さらにカーテンに比べてリーズナブルと、いいことがたくさんなのです。
単色でも300色近く選べるブランド。今日ぜひご紹介したいのは、インテリアのお好みに合わせて、スラット(羽根)をカラーコーディネートするブラインドです。

まずは、単色のブラインドがついた空間をご覧ください。↓

プリント

クリーム色のブラインドが、ナチュラルなインテリアに馴染んで、シンプルですっきりとした空間です。
これは、これで素敵ですよね。

 

このブラインドを、ベージュを基調としたグラデーションカラーでカラーコーディネートとすると・・・・・

プリント

フラットな印象だった窓辺が一変、淡いグラデーションで優しいニュアンスで、インテリア性もぐっと高まりましたね。
アルミ素材とは思えないほど柔らかな印象になりました。

 

色の組み合わせ次第で、様々なインテリア空間に映えるブライドを作ることができます。
以前、私が作った組合せをご紹介すると・・・
2014112009023417920141120090346516

↑左:和室にコーディネートしたブラインドは、こげ茶、抹茶、紅色、鼠色などの渋めの色を組み合わせて、ワビ・サビを表現しました。
右:カルテルの青の椅子に合わせた、青のグラデーションのコーディネート。爽やかな色の組み合わせで、浴室や男の子のお部屋にも合います。
2014112009073626920141120090458812

↑左:ベッドルームには、グレーと白のグラデーションのコーディネートを。寛ぎあるリラックスした空間にぴったりです。
右:ワークスペースには、グリーンとベージュのコーディネートを。椅子などの家具の色を基調にして、コーディネートすると、統一感あるインテリアに仕上がります。

この他にも、ボーダー柄や、ラインのアクセントをいれたりと、お好みで作ることができます。
作るのがたいへんという方には、決まったパターンの中からお選びすることもできるので、気軽に取り入れることができます。
価格は、単色のブラインドの15%アップ。1800×1800㎜の掃出し窓の大きさだと、単色が約30000円で、カラーコーディネートブラインドなら34500円です。
お手頃価格で、インテリアをもっと楽しめるカラーコーディネートブラインド、いかがですか?

 

カラーコーディネートは、他の製品でも楽しめます。

 

プリンチE

縦型のブラインドでも・・・・

 

プリンチE

パネルカーテンでも・・・・

 

プリンチE

ロールスクリーンを色違いにすることでも、楽しめます。

カラーコーディネート、もっとインテリアに取り入れたいですね!

 

 

床リフォーム③

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、床リフォーム③フローリングの床 → タイルカーペットを敷き貼りする、をご紹介します。
このリフォームは、床リフォームの中で最も簡単なリフォームです。

滑り止めがついたタイルカーペットを、フローリングの上に、お好みに応じて、敷き置きするだけなので、施工も簡単で、予算もリーズナブルです。
遮音性もあり、汚れた場合も部分的に洗えるので、小さなお子さまがいるお家庭にもおすすめです。

 

↓ハウスケアで、施工した例です。

b_017-1 a_026-1

廊下とリビングの1部屋に、タイルカーペットを敷きました。

 

b_017-2b_017-3

 

a_017-1a_017-2

a_026-2

 

慣れた職人の作業であっという間に、温かみのある床に変わりました。
模様替えも気軽にできるので、おすすめです。

 

東リのカーペットのページより↓ 参考になさってください。

fabric_img01 (1)

 

敷き方もインテリアのテイストも様々に楽しめますね。

ak260_05 (1)

 

ff04 (1)

ff05 ff06

JAPANTEX

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

先週11月12日(水)~14日(金)、有明のビッグサイトで日本最大級のインテリアトレンドショー・JAPANTEXが開かれました。
日本ファブリック協会が主催するJAPANTEXは、窓廻りを中心に、ファブリックを扱うインテリアメーカーがその年のトレンドを提案する展示会で、3日間で3万人が来場する大きなイベントです。

10年前に出産を機に退職するまでは、インテリアメーカーで仕事をしていたので、毎年通っていた馴染みのある展示会です。
この春、ファブリック協会が開催しているコンテストで、個人的に賞をいただくことがあり、JAPANTEXでパネル展示されるとのこと。いい機会なので、10年ぶりにJAPANTEXに行ってみることにしました。

 

IMG_0630IMG_0606IMG_0605

初日の10時。有明ビッグサイトに、スーツ姿のサラリーマンが吸い寄せられるように、入っていきます。
長蛇の列の受付を済ませ、会場へ。入口近くに、「窓と暮らしを彩るインテリア」をテーマに、インテリアデザインコンペと部屋miteコンテストの受賞作品などがパネル展示されています。
今年は、高校生を対象としたインテリアコンテストもありました。コンテストの枠を広げるいい試みで、若く夢のある発想の作品は見ていて、楽しいものばかりでした。

 

IMG_0566IMG_0569IMG_0567

展示の一角、部屋miteコンテストの受賞作品がパネル展示してあります。その第7回一般ユーザー部門の大賞に、この春わが家の風景を選んでいただきました。
タイトルは『こどもといっしょにインテリアで遊ぼう!!』。こどもと遊び感覚で、ファブリックを日常のインテリアの中に取り入れたものです。
「インテリアが特別なものではなく、すっかり暮らしの一部になっているところが素敵だと思いました。」と、うれしい評価をしていただきました。

 

IMG_0573IMG_0574IMG_0575

入賞作品の中には、素敵なものがたくさん。
カフェのようなキッチンや、さりげないデコレーションのバレエ教室の内装など、参考になります。
部屋mite大賞9回を募集しているそうです。みなさんもご応募されてみてはいかがでしょうか?

 

 

IMG_0580IMG_0579IMG_0577

スタイル展示のコーナーには、カラーやデザインにこだわったインテリアの提案が目をひきます。
カーテンの布使い、ロールスクリーンのバランスやコード飾り、多色使いのカーテンなどは、ぜひ取り入れてみたい窓装飾です。

 

IMG_0598IMG_0582IMG_0584

その後は、メインフロアのメーカーブースへ。
まずは、古巣タチカワブラインドへ。ブラインドのイメージが強いタチカワブラインドですが、ロールスクリーンやローマンシェード、カーテンなどのファブリック製品も幅広く扱っています。
今回のテーマは、『ファブリックで見つける“Fun”』。色鮮やかなファブリックを、まずはメインに展示して、目を引きます。コーナー展示には、カーテンとロールスクリーンのダブル使いのコーディネート。タチカワブラインドは、TOSOに並んで、カーテンレールもバリエーション豊富に取り扱っています。

 

IMG_0588IMG_0591IMG_0583

木製やアイアンのばかりかと思っていた装飾レールには、遊び心あるデザインのものたくさん。
リップグロスをイメージしたフィニアルは、大人かわいいデザインです。レールはスクエアで、なんとランナーもスクエア!スクエアだと摩擦で動きがにぶいのでは?と思いますが、なんともスムーズな動きで驚きです。
レール全体はシンプルで、フィニアルで遊び心をプラスする、心憎いレールです。
この装飾レールは、2万円弱。レールを変えるだけで、インテリアの模様替えの楽しさが広がりますね。インテリアも洋服を変えるように、もっと気軽にもっとたくさんコーディネートを楽しんでもらえればと思います。

 

IMG_0589IMG_0590IMG_0595

タッセルも、大人かわいいデザインがたくさん!
りぼんやアクセサリーを付けたものや、上の段の右の丸い玉がふたつついたタッセルは、丸い玉同士が磁石でくっつくようになっていて、カーテンの開け閉めがとても便利な、優れモノです。

お世話になった先輩を見つけて、ご挨拶。懐かしいです。
JAPANTEXは、入社2年目の時、銀座ショールームで提案していたカラーコーディネートブラインド(ブラインドの羽根1枚1枚をカラーコーディネートして作るブライド)を評価してもらい、その年のブースのメイン展示のブラインドデザインを任せてもらった思い出があります。
書類の整理をしていたら、その当時の写真がでてきました↓

 

2014112008483346320141120084713749

『私のインテリアには、私のブラインド』をテーマに、250色あるスラット(ブラインドの羽根)カラーを、一枚一枚選んでカラーコーディネートしたブラインドを7つデザインしました。

 

201411200854561692014112008561063420141120085847076

201411200852100512014112009011812720141120085339611

“モダン”、“ミニマム”、“ナチュラル”、“アジアンテイスト”、“ZEN”など のインテリアテイストに合わせて、イメージパネルとともにブラインドを提案。
カラーを組み合わせることで、単色のブラインドにない、好みや気分、お部屋の雰囲気に合わせたブラインドができます。
カラーコーディネートブラインドの魅力については、インテリアコーディネートと合わせて、またゆっくりご紹介したいと思います。

 

 

IMG_0602IMG_0603IMG_0607

タチカワブラインドを後にして、ニチベイ、トーソーのブースをちらり。
タチカワブラインドと合わせて、同じ製品展開する3大メーカーです。この3社のメカモノは、どれをとっても信頼おける製品です。
メカモノメーカーは、毎年ブースデザインが同じような感じで、ちょっとかため。そして、男性が多いですね。

 

IMG_0608IMG_0609IMG_0610

その中で紅一点、素晴らしいブース作りをしていたのがサンゲツです。
ブースの四方からお客さんが入れるように、オープンな作りで、気構えることなく、ふらりとブースに入れます。
『春』『夏』『秋』『冬』の4つの季節をイメージした4つのエリアは、パッチワークのように、色や素材を巧みに組み合わせて、素晴らしいの一言です。

 

IMG_0618IMG_0615IMG_0614

IMG_0611IMG_0619IMG_0613

床や壁材なども扱うサンゲツですが、窓廻りの展示会であるJAPANTEXでは、カーテンやローマンシェードなどに使う素材としてのファブリックに焦点をあてて展示しているのが素晴らしかったです!
色やテクスチャーの異なるファブリックを織りたたんで掛けたり、つるしたり。カットサンプルをモザイクのように壁につるし、「TAKE FREE」のカードが添えられていたり。それぞれのファブリックの魅力が最大限に生かされるような展示の仕方は、見るものを魅了してくれました。展示されていた生地の中で一番注目したのは、刺繍のファブリック。繊細なお花の刺繍が施されて、色の組み合わせやデザインがとても素敵でしたよ!

 

IMG_0720IMG_0721

 

持ち帰りのノベルティもよかったですよ。
しっかりとした厚手のキャンパス地のエコバッグ。そして、カーテン生地で作ったクッションカバーは、色々な柄の中から、お好きなものを1つ選んで持ち帰りOK!といううれしい企画。
「TAKE FREE」のカットサンプルの中からは、注目の刺繍生地を2つもらってきました。
この生地でカーテンを作ったら、インテリアのイメージががらりと変わりそうです!

久しぶりのJAPANTEX、満喫してきました!!

床リフォーム②

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、床リフォーム②をご紹介します。
②は、フローリングの床 → フロアタイルを上張りする 場合です。
まずは、フロアタイルについてご説明します。
フロアタイルとは、店舗などでも使用される床材で、住宅まで幅広い用途に対応する床用塩ビタイルです。
デザイン性や素材感が高く、バリエーションが豊富にあります。
フローリングに比べて、工事が簡単で、低予算で貼ることができるのも魅力です。

 

実際の施工例から、ご紹介します。
↓ハウスケアが施工した下の2例からも、お分かりいただけると思います。

b_016-1b_016-2

写真左が、施工前のフローリングです。
フロアタイルの施工は、コンパネや合板ベニヤを使用しますが、既存のフローリングを下地として使用することもできます。
(その場合、既存のフローリングは現状復帰できなくなります。)
下地調整した後に、全体に接着剤を塗ります。

 

b_016-4b_016-6

予めサイズカットしておいたフロアタイルを、接着剤の上に貼っていきます。
フロアタイルは、デザインにもよりますが、フローリング柄のものは、長細い板状の形になっているので、フローリングを貼る要領で、シートの組合せをします。
ローラーでしっかり圧着して、一日乾燥させれば完成です。
既存のフローリングを剥がして、下地調整して、新しいフローリングを貼り直す場合に比べると、工程が簡単で、材料代もリーズナブルなところが魅力です。

 

a_016-1a_016-4

↑リフォーム後の床です。
高いプリント技術で、見た目はフローリングそのものです。
タイルに厚みがないので、幅木やクロスを剥がしたりする必要がないので、床リフォームの中では施工が簡単です。

 

フロアタイルの魅力は、バリエーション豊富な色柄です。

a_003-5a_005-1

DIGITAL CAMERADIGITAL CAMERA

 

↓メーカーのカタログから

ryft-b-sg3wd609_sh1ryft-f-s4mw8587_sh1

幅広のヴィンテージ調のものは、お好みのインテリアにぴったりと合わせることができます。

 

ryft-f-s4mw8539_sh1ryft-b-t3pwt621_sh1

節目のあるパイン材も、白い無垢調も、テイストは様々。

 

ryft-b-t3mot3501_sh1ryft-b-t3pmt1003_sh1

すっきりとした柾目のものも色のバリエーションが豊富です。
無垢材では出せない色柄ができるのが、フロアタイルの魅力です。
フローリング調ではなく、テラコッタ調や大理石調など、選べる範囲はたくさんです。

低予算で、バリエーション豊富なフロアタイル、いかがででしょう?

 

 

床リフォーム①

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、床リフォームについて、ハウスケアの施工事例でご紹介します。
リフォームで床を変えるには、いくつかのパターンがあります。
その例をご紹介すると、、、

①フリーリングの床 → 剥がして、新しいフローリングを貼り直す
②フローリングの床 → フロアタイルを上張りする
③フローリングの床 → タイルカーペットを敷き貼りする
④カーペットの床  → 剥がして、フローリングを貼る
⑤カーペットの床  → 剥がして、フロアタイルを貼る
⑥カーペットの床  → 剥がして、タイルカーペットを貼る
⑦畳の床      → 剥がして、フローリングを貼る

ざっとこのようなリフォームがあります。
施工の仕方、日程、予算など、リフォームの内容によって異なります。
数回に分けて、①~⑦を特徴分けして、ご紹介します。リフォームのご参考になさってください。

 

①フローリングの床 → 剥がして、新しいフローリングの貼り直す 場合

b_015-1

施工前の床です。年月が経過したフローリングの貼り替えの場合、フローリングの幅は75~90㎜が多くみられます。

 

b_015-2b_015-3

まずは、既存のフローリングを剥がす作業。 この作業が一番たいへんで、手間暇がかかります。
フローリングを丁寧に剥がし、幅木も剥がします。幅木を剥がすので、フローリング剥がしには、クロスの貼り替えが伴うことがほとんどです。
下地を調整して、新しいフローリング材を貼ります。

フローリング材について・・・・
フローリング材は、75㎜幅のものから150㎜幅のものまで、バリエーションがあります。
お好みですが、一般的に狭い部屋には細めの幅、広い幅には太めの幅がバランス的にいいようです。
幅が広くなるにつれ価格が高くなることが多く、見た目にモダンな印象があります。
今の新築マンションなどは、ほとんどが150㎜幅のものが使われる事が多いですね。

素材は、無垢材を使ったものから、合板に木目プリントしたシートを貼ったものまで様々です。
無垢材は、足にあたった感触、年月が経過するに連れて変化する味わいの深さなど、本物思考の方には人気があります。
無垢材は、天然の木を使用しているため、定期的なメンテンナスが必要になります。
木の硬さにもよりますが、ダメージを受けやすいものや、反りがでるものも中にはあります。
価格は高め、防音規定のあるマンションのリフォームには使用できない場合もあります。

合板に木目プリントしたシートを貼ったフローリング材は、安めのものから高いものまであります。
今のプリントシートのクオリティは高く、木目柄・凹凸を含んだマットな手触りなど、無垢材に限りなく近づけたものがでています。
写真右のPanasonicのベリティスは、その代表例で、無垢材を超えた複合フローリングと言えます。
こうしたハイレベルなフローリング材は、無垢材と同等価格するものがほとんどです。
下地に合板を使用しているので反りに強く、表面を強度のあるコーティングを施しているので、傷に強いのもメリットです。

フローリング→フローリングの貼り替えは、本物志向の方におすすめです。
工期や予算は、高めです。

 

a_015-3a_018-1

 

↑リフォーム後の床です。
フローリング材は、Panasonicのベリティス。無垢材を超えた複合フローリングです。
木目がきれいですね。表面の質感も素晴らしく、光のあたり具合によって、様々な変化をします。
同じくリフォームしたPanasonicのキッチンの面材とコーディネートしてあるので、統一感のあるお部屋に仕上がりました。
お部屋の面積を占める割合の多い、フローリングとクロスは、インテリアの要です。
こだわりあるフローリング選び、おすすめします!

次回は、②フローリングの床 → フロアタイルを上張りする をご紹介します。
フロアタイルも、フローリングに負けないくらい面白い素材ですよ。

放課後お菓子教室

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

ハウスケアがある宮前平はファミリー世帯が多く、お子さまの勉強や習い事に熱心がご家庭がとりわけ多い地域です。
お子さまの習い事と言えば、スポーツ系ならスイミング、サッカー、野球、バレエ、ダンス、文化系ならピアノなどの楽器、習字、絵画、英語などが代表的なものでしょうか。
様々な習い事があるなかで、お子さまの習い事としてはレアなお菓子教室のご紹介をしたいと思います。

ご紹介するお教室は、ご自宅で15年前から、お菓子教室をされているBerry’s Tea Party
今はたくさんの自宅教室がありますが、その草分け的な存在です。先生はキッズパーティーをプロデュースする“Little Little”というユニットでも活躍されていて、定期的にビタミンママの料理教室の講師もされています。
今年の春から、放課後の時間にこども向けのお菓子教室が始まったのですが、その内容がとてもこども向けとは思えないほど本格的で、しかも良心的なレッスン料なのです。

秋の9回コースの内容をご案内すると、、、、

放課後レッスン~9月スタートクラス(月・水・金)いずれも週一回、放課後の2時間程度(時間応相談)を使って、日々気軽に作れるお菓子を学びます。
3カ月コース15000円(1回レッスンあたり約1,600円と大変お得なレッスンです!)

9月(3回)・・・ニューヨークチーズケーキ・モンブラン・キャラメルナッツパイ
10月(3回)・・・ドライフルーツケーキ・洋ナシのタルト・クロカンブッシュ
11月(3回)・・・デコレーションケーキ・ティラミス・タルトタタン

大人が通いたくなる内容です。
今回は、わが家の下の娘が体験レッスンに参加させていただきました。

get-attachment (23)get-attachment (22)get-attachment (24)

自宅教室のある一軒家は先生ご自身で、壁や天井、キッチンキャビネットをペイントしたり、こだわりが感じられます。
そこかしこに、かわいらしいオブジェがあったりと、遊び心があって素敵なお家です。

 

get-attachment (25)get-attachment (122)get-attachment (9)

体験させていただいたメニューは、ロールケーキを使ったデコレーションケーキ。
カウンターの上には材料や道具の準備万端。プライベートレッスンの開始です!

 

get-attachment (0)get-attachment (17)get-attachment (18)

まずは、卵を割って、ハンドミキサーで泡だてます。
泡立て機を使うことがあっても、ハンドミキサーは小学1年の娘には危険と使わせてなかったので、初体験です。
ハンドミキサーの使い方を丁寧に教わって、恐る恐るハンドミキサーのスイッチをオン!
回転数を1~5まで上げていく指示は、こどもが楽しくなるように「レベル1!」「レベル5!!」と盛りたててくれます。
見ている私の心配とは裏腹に、落ち着いてハンドミキサーを使う娘の姿が頼もしいこと。
最初から無理とは思わずに、きちんと説明すること、任せることが、ひとりでできるための大切なことだと実感しました。
親ではなかなかできないことを、させてもらえるのが習い事のいいところだなと感じました。
こどもに力に合わせた粉のふるい方、ヘラの使い方などのポイントは、なるほど!と思うことがたくさんです。

 

get-attachment (19)get-attachment (4)get-attachment (21)

ロールケーキの生地を天板に流し入れて、オーブンへ。
自分が作ったものには愛着が詰まっています。焼上がった生地を紙から剥がす時には、自然と丁寧な手つきになります。
焼いている間には、先生が予め焼いておいてくれた生地を使って、デコレーションをします。

 

get-attachment (10)get-attachment (11)get-attachment (12)

クリームを塗った生地を慎重に巻いて、ロールケーキの形が出来上がりました!

 

get-attachment (1)get-attachment (2)get-attachment (15)

試食用のデコレーションを終えた後は、持ち帰り用のロールケーキをデコレーション。
生クリームを絞り出した上に、フルーツを彩りよく、バランスよく飾っていきます。
デコレーションは、色彩、バランス感覚を養うのに、とてもいいですね。
泡立て機についたクリームをぺロリ。最初から最後まで、たくさんの味見をさせてもらえるのも楽しみのひとつ。
味見をすることで、素材の味や、それが混ざり合った時に味の変化、色々なことを知るのも大切なことですよね。

 

get-attachment (5)get-attachment (7)get-attachment (8)

お楽しみの試食タイム。あまりの美味しさにあっという間にぺロリ!
最後に、カレンダーにお菓子のシールをペタリ。細かいところまで、こどもの「好き」がちりばめられたレッスンでした!!
家に持ち帰ったケーキを、家族に誇らしげに「じぶんでつくったんだよ!!」とお披露目していた娘。「おいしい!おいしい!」と食べてくれる家族の笑顔に、「もっと!作りたい!」という意欲に繋がったようです。

お菓子教室は大人のためのもの、と思っていましたが、計量→数字の概念、段取り→見通す力、作業→手先の器用さ、デコレーション→美的感覚を養うことができるので、こどもの時こそ、楽しさの中で学んでいくといいなと感じました。
放課後お菓子教室、おすすめです!!

広告

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は今月のチラシをご紹介します。
新聞折り込みで、もうご覧になりましたか?
このチラシは、スタッフが毎回いいものを作ろう!と頭を悩ませながら作っているものです。
今月のおすすめの商品や、リフォームについての知識などをご紹介しています。
ハウスケアのお店の前にも置いてありますので、ぜひお手にとってご覧ください!

 

↓表面

koukoku2014-11-1

 

↓裏面

koukoku2014-11-2

 

毎回、ご好評をいただいているスタッフアンケート。
今月のテーマは、『自分の家なら どこをリフォームしたい?』です。
リフォームを知り尽くしたハウスケアのスタッフのコメントは・・・・

img_ikeda_off

 

池田

「リビング」

1Fから2Fにリビングを移動する大掛かりなリフォーム。

子供が家をでたら、考えます。

 

 

img_imai_off

 

今井

『トイレ』

最近のトイレは、お手入れがしやすいので

家の掃除当番の自分としては楽がしたいからです。

 

 

 

img_naitou_off

 

内藤

『ユニットバス』

真冬の寒いお風呂。

床も壁も冷たくて、お湯がすぐにさめちゃうのが

今はいつでも暖かく気持ちよくお風呂にはいれるんです。

 

 

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

『洗面化粧台』

子供が使いづらそうだから

4面鏡なら背伸びをしなくても、楽々見れます。

 

 

 

img_takao_off

 

高尾

『キッチン』

今使っているキッチンが狭くて使いにくので

油汚れがこびりついて掃除しにくいので・・・・。

 

 

 

img_miura_off

 

三浦

『アクセントクロス』

見慣れた室内も色や柄を少し加えるだけで

きっと気分も変わります!

 

 

img_hatan2o_off

 

秦野

『こども部屋』

そろそろこども部屋を独立したいと考えていたところ。

機能的で遊び心ある部屋にしてみたい。

 

 

img_fukayama_off

 

深山

『サウナ』

浴室の横にサウナを作りたい。

毎日入って、絶対痩せます。

 

 

 

img_aihara_off

 

相原

『浴室乾燥』

10年以上も前のものだから、換気機能が弱くなってきている気が・・・・

音もうるさくなってきたので替え時かなと。

 

 

img_tanaka_off

 

 

田中

『収納造作』

物が増えていく一方なので、なかなか片付かない・・・。

収納造作をして、きれいに整理したいと思います。

 

 

????

 

河合

『エコカラット』

お部屋の一面にエコカラットを貼って、おしゃれにしたいです。

柄も色々あるみたいなので、選ぶのも楽しいです!

 

 

img_kuro_off

 

 

クロ

『網戸』

犬小屋に網戸をくっつけたい。

色が黒いから虫がよてっくるワンワンワン。

あ!今月フィラリアの薬飲むの忘れてた! のもっと!

ホーム > アーカイブ > 2014年11月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る