ホーム > アーカイブ > 2014年10月のアーカイブ

2014年10月のアーカイブ

からだに優しいバスリフォーム

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、木造戸建住宅のバスルームのリフォームをご紹介します。
戸建の昔ながらのタイル貼りの浴室。床のタイルがかけ、水漏れしていたことから、タイル補修のご相談を受けました。

b_020-1b_020-2

ご高齢のお施主様が使うには、浴室と洗い場の段差が大き過ぎること、冷たいタイルや湿式工法ならではの浴室内の寒さが冬場のヒートショックに原因になりかねないことなどを考え、思い切って、ユニットバスに取り替えることにしました。

 

b_020-4b_020-6

タイルを剥がすと、シロアリが発生していたので、駆除してから、床の組み直しを行いました。木造住宅の水廻りには、定期的なメンテナンスが必要です。

 

完成したバスルームです↓

a_020-1

a_020-2

a_020-4

新しく入れたユニットバスは、TOTOのサザナ。床はひやっとしないホッカリ床。窓枠も新規に取替え、気密性が高くなり、浴室暖房付きで、冬場のヒートショック対策も万全です。
手足を伸ばすことのできるバスタブはゆったりとお湯に浸かることができ、壁面には手すりが付いているので、洗い場への出入り楽にできます。

 

a_020-6a_020-7

長方形のユニットバスに合わせて、入口部分に余ったスペースは、フローリング、壁クロスを貼り、居室へ繋がるようにしました。

注目のキッチン!

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、発売以来注目していたキッチンのリフォームをご紹介します。

注目していたキッチンとは、Panasonic リフォムス
機能的で使い心地がよいことはもちろん、上質感漂うデザインが素晴らしいキッチンで、特に木パネルのクオリティーの高さは、特筆すべきものがあります。
このキッチンの施工を心待ちにしていたので、うれしい完成でした。

 

まずは、リフォーム前の様子をご紹介します。

b_017-1

ダイニングに面して、カウンターがあり、その上は吊戸棚で塞がれたセミクローズのキッチンでした。

 

b_017-2b_017-3b_017-5

カウンターの背面には、キャビネットが並ぶⅡ型キッチン。
カウンターとキャビネットの間には窓があり、陽が差し込む明るいキッチンです。

 

b_017-6b_017-7b_017-8

まずは、解体作業。既存のキッチンを取り外し、カウンター上の壁を撤去します。

 

b_017-9b_017-10b_017-11

カウンターの壁と天井の下地造作。ガスコンロの正面と側面に白いキッチンパネルを貼り、新しいキッチンを組立・取付。
壁と天井にクロスを貼り、天井にダウンライトを取付ます。

 

 

a_018-2

注目のキッチンの完成です!!ダイニング側からの写真です。
ダイニングに向かってオープンにしたので、とても明るいだいにんぐ・キッチンです。
カウンターの壁に立ちあがりがあるので、カウンター上が見えずに、すっきりとしています。

 

a_018-1

キッチンに 近づくと、背面のキャビネットが見えてきます。
木パネルとフロストガラス扉のキャビネットのコンビネーションです。
隠す収納と見える収納、収納するものに応じて使い分けられます。

 

a_018-3a_018-4

キャビネットの中央部には広いカウンターと、引き出し式の家電収納があるので、電子レンジ、炊飯器なども使いやすい位置に収納できます。
左端には冷蔵庫もぴったり納まり、冷蔵庫から材料を出して→シンク→作業台→ガスコンロ(調理)までの作業動線が完璧です!
たっぷり収納と、スムーズな作業動線、窓からの採光の明るさ、機能的で清々しいキッチンです。

 

a_018-8a_018-5

そして、一番のおすすめポイントは、キャビネットのパネル面材の素晴らしさです。
ベリティスシリーズと共通の木調パネルは、もはや“木調”ではなく、“木そのもの”といったクオリティの高さです。
天然木の自然な凹凸を再現したベリティスのシートは、自然な木肌感が感じられ、見る角度によって味わい深い表情を醸し出します。
自然の木そのものの質感を大切にしているので、表面と手触りはマットな質感で、落ち着きある空間を造りだします。
Panasonicのベリティスシートに、営業、職人ともに、その素晴らしさに感服してしまいました。
こちらのパネルは、チェリー柄。ベリティスシリーズの色柄の中でも、一番のおすすめです!

 

a_018-9a_018-7

実際にお使いになっているキッチンの様子です。
キッチンカウンターの立上り壁の中にはちょっとした収納があったり、細かいところにまで使いやすさが溢れています。
背面のカウンターの上には、キッチン家電がすっきり納まりました。

 

キッチンリフォームに合わせて、同じベリティスで、フローリングと建具の取替えもさせていただきました。

 

b_015-1

 

こちらは、リフォーム前のフローリング。

 

 

b_015-2b_015-3

丁寧に剥がしていきます。
右が、新しく貼るベリティスのフローリング。どこから見ても、無垢ですね。
シートのプリント技術は、無垢を超えたと感じられるクオリティです。

 

a_015-5

ベリティスを貼った様子です。
異なる模様が組み合わさって、何度も言うようですが、見た目は“無垢”そのものです。

 

a_015-3a_015-1

 

建具もベリティスシートで。
キッチン、床、建具が統一され、天然木の高級感溢れる空間に仕上がりました。
お客様もこの出来には、たいへんご満足いただけました!
Panasonicのベリティス、おすすめです!

 

 

 

 

 

 

ホーム > アーカイブ > 2014年10月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る