ホーム > アーカイブ > 2013年11月のアーカイブ

2013年11月のアーカイブ

takagi 蛇口・浄水器下取りキャンペーン

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、takagiの「蛇口・浄水器下取りキャンペーン」をご紹介します。

IMG_6137

 

コストパフォーマンスの高い、蛇口一体型浄水器『みず工房』の水栓。
この水栓をお取付のお客様を対象に、11月15日~1月31日までの期間、「蛇口・浄水器下取りキャンペーン」を行っています。
水栓をお取替する際に、不要になる蛇口を1000~3000円、浄水器を1000円、最大4000円のQUOカードで下取りします。

ハウスケアでは、ご要望の多い、エコシリーズ・ワンホールタイプの蛇口一体型浄水器(定価:44,000円)を43%OFF、取付費(撤去費含む)12,000円、現場諸経費3,000円で、ご提供します。
この機会にぜひ、ご検討ください。

エコシリーズ・ワンホールタイプの蛇口一体型浄水器の詳細は、↓をご参考ください。
 

cp01_img_09

 

cp01_img_08 (2)

 

 

トータルリフォームA様邸(内装工事・木工事)

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、A様邸トータルリフォーム最終回。
和室1室、洋室2室、廊下、玄関の内装工事、木工事をまとめて、ご紹介します。

 

まずは、和室から。洋室にリフォームします。
↓施工前と施工中の様子です。

b_003-2 b_003-3

b_003-4 b_003-5 b_003-6

 

 

↓リフォーム後の様子です。

a_003-0

床は無垢調フロアタイル、クロス・天井を張替え、窓には重厚感あるダークブラウンの木製ブラインドを取り付けました。
一間あった押入れを分割し、半分を隣接するキッチンの冷蔵庫を収納するスペースに。残り半間を折り戸のクローゼットにしました。
LDKを含めて、隣接する部屋の床の敷居を無くし、バリアフリーに。出入りの扉は、上吊りの引き戸に。半透明のガラス戸なので、採光でき、空間に奥行きが感じられます。

a_003-1 a_003-2

a_003-3 a_003-5 a_003-6

 

 

次に、リビング・ダイニングに隣接した洋室をワンフロアにリフォームします。
↓施工前と施工途中の様子です。

b_004-2 b_004-3

 

↓こちらが、リフォーム後の様子です。

a_004-1

 

木調の間仕切り「アコウォール」を取り付け、空間を仕切って、独立したお部屋としても、お使いいただけます。
間仕切りを納める袖部分は、木工事にて造作し、すっきりと納まりよく仕上ました。
老朽化したフローリングは、無垢調のフロアタイル貼りに、壁・天井のクロスを張替えました。
窓には重厚感あるダークブラウンの木製ブラインドを取り付け、アンティーク調の照明とともに、落ち着いた雰囲気のお部屋になりました。

a_004-7a_004-2a_004-9

 

a_004-3a_004-4a_004-5

 

 

最後に、北側の洋室と、廊下、玄関のリフォーム。
↓施工前と施工中の様子です。

b_005-2 b_005-3

b_005-4b_005-5 b_005-6

 

↓リフォーム後の様子です。
廊下は、床を無垢調のフロアタイル貼り、クロス貼替えました。玄関は、ベージュの石目調のフロアタイル貼り、廊下の床の色に合わせたの玄関框、ダークブラウンの巾木をつけました。
建具はダークブラウンをメインに、トイレ扉はアイボリーに取り替え。ドアノブは、片手でも開け閉めしやすいタイプのものを取り入れました。
カビの発生が悩みの種だった北側の洋室は、窓側の壁、床に断熱材を入れ、新規に造作した棚は通気を考えて、オープンに。2mほどあるハンガーレールは、収納力のオープンクローゼットになりました。

a_005-2

 

a_005-3 a_005-4 a_005-5

間取り変更から、細かな仕様変更が可能なので、お客様の理想の住まいの形を実現することができるフルリフォーム。
築30年を超すU様邸が、新築マンションのように生まれ変わりました!

トータルリフォームA様邸(洗面所)

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、A様邸トータルリフォームの洗面所リフォームをご紹介します。
U様邸の洗面所は、間口1200㎜というスモールスペースの洗面所で、このスペースいっぱいに、洗濯機、洗面化粧台が並んでいます。
スモールスペースでも、機能的で作業効率のいい洗面所を作り出すことが、このリフォームのポイントです。

b_002-1b_002-9

施工前の様子と施工途中の様子です。
このリフォームでは、洗濯機と洗面化粧台の位置を入替ます。理由は後程ご説明します。
まずは、洗面化粧台と洗濯防水パンを撤去し、給排水管、電気配線を配し直します。
そして、床と壁の処理をしていきます。

b_002-7b_002-10b_002-11

ここでポイントなのが、洗面化粧台が置かれるスペースの背後の壁を手前に付加していることです。
洗面化粧台の奥行き520㎜に対して、洗濯防水パンの奥行きは一般的なもので640㎜あります。
その差の100㎜ほどの壁を付加することで、洗面化粧台、洗濯機の面が揃い、見た目もすっきりと使いやすくなるのです。
クロス、フロアタイルを貼り、洗面化粧台、洗濯防水パンを設置すれば、完成です。

 

a_002-1
こちらがリフォーム後の様子です。
すっきりと明るい印象の洗面所に仕上がりました。

 

a_002-2a_002-

洗面化粧台は、TOTOサクア。たっぷり収納と、洗いやすい広々ボウルを搭載した洗面化粧台です。
洗面ボウルは間口600㎜サイズで、たっぷり13L入り、ゆったり作業できる大きさです。
水栓は折りたたんで、作業スペースを有効に使え、ハンドシャワーもついてます。
キャビネットの下には、体重計も収納されています。
コンパクトでありながら、機能をしっかり備えた洗面化粧台です。

 

cabi_1_main

 

func_9_p2 func_9_p1

cabi_5_main

 

トータルリフォームなので、洗面化粧台の取り替えだけではなく、その他にも使いやすくリフォームしています。
ビフォア―→アフターで、分かりやすくご紹介します。

b_002-0jpga_002-0

洗濯機と洗面化粧台の位置を入れ替えたのは、先程ご説明しましたね。
この左右転換には作業動線を効率よくしてくれる役割があります。
洗面所の入口は左側なので、入って正面に洗面化粧台があると、便利だからです。
そして、洗濯機の壁にあるウォールキャビネットには、バーが取り付けられているので、洗濯機から洗濯を取りだす→ハンガーに洗濯物を干して、バーに掛けるという一連の動作がスムーズになります。

 

b_002-2a_002-5

洗面化粧台があった箇所に洗濯機が設置され、右横壁にはウォールキャビネットが取り付きました。
分電盤も新しいものを設置。カバー付きなので、見た目もすっきりです。

 

b_002-3a_002-6

オープンなウォールキャビネットを扉付きのキャビネットに変更。キャビネット下のバーは、洗濯ものを一旦ハンガーに干すのにとても便利です。
他の用途にも色々と使えるバー、リフォーム際には是非おすすめしたいポイントです。

 

b_002-4a_002-12

クッションフロアだった床をフロアタイルに変更しました。
大理石調のフロアタイルで、高級感があります。スチールだった見切りも、巾木に合わせたアイボリーの木製に変更しました。

 

a_002-8a_002-9

洗面所の入り口は、アーチ状のオープンなもの。
アーチ上部に、ロールスクリーンを取り付けました。普段はロールスクリーンを上げたままでオープンにしておけば、洗面所の湿気対策になります。
入浴時に着替えをする際には、ロールスクリーンを下せば、プライバシーを守ることができます。
ロールスクリーンの生地は、家庭の洗濯機で簡単に洗えるものウォッシャブルタイプなので、メンテナンスする時に便利です。

 

a_002-10a_002-13

ロールスクリーンを降ろした状態を、廊下側から見た様子です。
トータルリフォームならではの洗面所リフォームの完成です!

 

トータルリフォームA様邸(トイレ)

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

トータルリフォームA様邸の2回目は、トイレです。
↓こちらが、リフォーム前と施工途中の様子です。

b_006-1 b_006-3 b_006-4

 

↓こちらがリフォーム後の様子です。

a_006-1

自動掃除機能が付いたトイレ・Panasonicの『アラウーノV』を取りつけたリフォームです。
タンクレストイレで見た目すっきり、独立した手洗い器がトイレサイドについて、手洗の動作もスムーズです。
床は大理石調のフロアタイルで、明るく上品な雰囲気に仕上がりました。

 

a_006-4a_006-2

a_006-5 a_006-6 a_006-7

トータルリフォームA様邸(キッチン)

こんにちは、ハウスケアの秦野です。
冬に近づきつつあることを感じさせるような朝晩の寒さですね。
風邪なども流行り始めているようです。みなさま、お体ご自愛くださいね。

さて、今日から、先々週引き渡しを終えたトータルリフォームの施工例をご紹介します。
部分リフォームでは手の届かない細かな間取りや仕様変更ができるトータルリフォームならではの魅力をお伝えできればと思ってます。

今日は、キッチンをご紹介します。

↓こちらが施工前と施工途中の様子です。

b_005-1 b_005-6

 

↓リフォーム後の様子です。

a_005-1

キッチンは、TOTOクラッソ。使いやすさと美しさを兼ね備えたたキッチンです。
パステルグリーンとホワイトで、明るい雰囲気のキッチンに仕上がりました。

 

a_005-2 a_005-3

a_005-5 a_005-6

作業動線が効率的になるように、間取り変更して、キッチン横に冷蔵庫を置くスペースを設けました。
冷蔵庫→シンク→作業台→ガスコンロと、料理の手順に沿って、作業できます。間取り変更ができるのは、トータルリフォームならではのメリットですね。

 

a_005-7 a_005-8 a_005-9

a_005-10 a_005-11 a_005-12

お手入れ簡単でノンフィルター構造の「ゼロフィルターフード」、ガラストップガスコンロ、柔らかな印象で機能的なシンク、作業効率のいいシンクの上の水切り部(アイキャッチウォール)、シンク手前にある収納、2段引き出しのフロアキャビネットなど、充実した機能が満載です!

詳しい機能については、↓をご覧ください。

rakupull001-02

to-11_1A

zerofilter002-02zerofilter001-02

 

秋空

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

「女心と秋の空」という言葉があるように、秋の空は変わりやすく、様々な表情を見せてくれます。
「イワシ雲ってなに?」「雲って何種類あるの?」という小学生の娘からの質問を発端に、娘と雲について図書館で調べてみることにしました。
小学低学年生が理解できる本をいくつかピックアップして読んでみると、これまで知らなかった興味深いことがたくさん。雲のでき方、順番には決まりがあるということ、つまり雲の形の順番が分かれば、天気予報ができるということです。
だんだんと面白くなり、それ以来、空を眺めては、雲の写真を撮るようになりました。

 

0

青空に白い雲が、ぽっかりぽっかり浮かぶ「わた雲」。
地上付近~16000メートルの高さにできる積雲のことで、 暖められた空気が上昇することで成長する、綿のような雲です。
成長し、積乱雲となると、夕立を降らせるそうです。

 

IMG_5646 IMG_5648 IMG_5656

左は、「うね雲」。
地上付近~2000メートルの高さにできる、層積雲のことで、畝のように波打った形をしています。

右は、「ひつじ雲」や「いわし雲」の残りのような雲。
「ひつじ雲」は青空に白いひつじの群れがいるように見えます。現れる高さはおよそ2000メートル~7000メートルで、この雲は小さな水のつぶが集まってできています。

 

IMG_5661 IMG_5663 IMG_5788

左と中央は、「うね雲」。地上付近~2000メートルの高さにできる、層積雲のことです。
畝のように波打った形をしています。

右は、「アブラハムの樹」と呼ばれるすじ雲。地上付近~15000メートルの高さにできる放射状雲のことで、実際は平行に並んでいる細長い帯状の雲ですが、地上から観測することで、私たちの目に放射状に並んで見えます。
アブラハムの樹という俗称は、ドイツで呼ばれています。

IMG_5471IMG_5834 IMG_5873

左は、雨上がりの「あま雲」の間にかかる虹。

中央は、「きり雲」。山にかかるような、地上付近~2000メートルという低い位置にできる層雲です。
この雲は地面についてしまうと、霧になるようです。

右は、「すきま雲」。名前から想像できるように、隙間のある雲のことです。
この隙間に太陽の光が差しこみ、地面にその光が降り注ぐと、「天使のはしご」となります。

ざっと、秋の空の写真から。
色々な雲があり、雲によって、数時間後、一日後の天気も分かってしまうのが面白いですね。

みなさんも、ふとした時に空を見上げてみてくださいね。
刻々と変わる風景の中に、素晴らしい瞬間に出会えるかもしれません。

 

折り込みチラシ

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

昨日の朝刊に、今月の折り込み広告を入れさせていただきました。
ご覧になった方もいらっしゃるでしょうか?
今日は、ハウスケアの広告について、詳しくご紹介いたします!

IMG_5880

 

IMG_5879 IMG_5874

広告には、毎月のキャンペーン商品のご案内やリフォームの豆知識などを紹介しています。
今月のおすすめのキャンペーン商品は、TOTO WFシリーズTタイプやネオレストRHO、水栓各種など。
今月の『クロちゃんの豆知識』は、~地震対策の巻~です。
避難場所の穴場がガソリンスタンドだと、知ってましたか?
消防法や建築基準法で厳しく制限されているガソリンスタンドでは、地面表面に炎が広がっても引火しないように、地下のガソリンタンクは厚いコンクリートで覆われています。そのため、安全な場所といえるそうです。

 

IMG_5877IMG_5876

リフォームの概算金額っていくらいくらい?という疑問に思う方も多いと思います。
ご要望の多い部分リフォームの概算金額を、6帖一間の広さを例にご紹介しています。
少しご紹介しますと・・・
畳からフローリングにリフォームした場合は、130,000円~
襖からクローゼット扉にリフォームした場合は、60,000円~
クロス全面貼替えした場合は、34,000円~ といった感じです。ご参考にしてください。

ハウスケアの強みのひとつであるピタットハウスとの連携したリフォームもご紹介してます。
ハウスケアの不動産部門ピタットハウスと連携して、不動産購入・売却をお考えのお客様に「不動産+リフォーム」で「売りやすい」・「買いやすい」をモットーに、お客様のお手伝いをさせていただいてます。
ちなみに、私の答えは「時間がほしい」。実際の時間よりも長い時間があれば、もっと色々なことができて充実していいだろうな~と思います。

 

IMG_5875 IMG_5878

 

毎月の広告のお楽しみのトピックスが、テーマを決めてハウスケアの社員に答えてもらうアンケートです。
今月のテーマは、『何か願いが叶うなら、何をお願いする?』です。
社員それぞれの個性がにじみ出るアンサーに、私も楽しみにしている箇所です。
ちょっとご紹介しますと・・・・
池田「フェラーリ599F1に乗って、日本をくまなく回ってみたい」
相原「地球を外側から見てみたい」
島「子供たちの健康」
深山「どんなに食べても太らない体を手に入れる!」
高尾「世界一美味しい肉を食べたい!」
壮大な夢や健康についてや、叶いそうな夢など、さまざまです。

今回のトピックスに、「インテリアコーディネーターのコーディネートリフォーム」という項目を入れてもらいました。
お客様のお好みのインテリアに合わせて、商品を選ぶお手伝いをさせていただきます。
ナチュラルなインテリアに仕上げたい!シンプルモダンなインテリアにしたい!とご要望に合わせて、壁紙・床材などの内装材から、照明や窓廻りのカーテンやブラインドなどの装飾するエレメントまで、ご相談に応じます!

広告は、店頭にもご自由にお持ちいただけるようにおいてあります。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひお手に取ってみてくださいね。

ショールームを活用しよう!

T様邸に続きまして、K様邸のバスルームリフォームをご紹介します。
その前に、ショールームを活用して、納得安心のリフォームの話から・・・

リフォームする際、どのような設備機器や内装の色柄を選ぶかは、お客様にとって最大の関心事です。
楽しみな関心事なのですが、メーカーも種類も様々で、どれを選んでいいか迷ってしまうくらいです。
そんな時に頼りになるのが、ショールームです。

DIGITAL CAMERA DIGITAL CAMERA

DIGITAL CAMERA DIGITAL CAMERA

ショールームには、実際の製品が展示されていて、見て触って、使い心地を確かめることができます。
カタログだけでは確認しきれない細かな仕様や機能などは、見て触ってみるのが一番です。
色柄も、印刷されたカタログと実際のものでは、印象が異なることがあるので、サンプルで確認することをおすすめします。
そして何より、ショールームに行く意義は、アドバイザーさんの存在です。
アドバイザーさんは、そのメーカーの製品のエキスパートです。
お客様の家族構成や要望、予算、工事条件などに見合った製品の選んでくれるのです。

納得して製品を選ぶため、ショールームはぜひ活用したいものです。
ハウスケアでは、お客様のベストな製品選びのために、ご希望に応じて、担当がショールームにご一緒させていただいてます。
現場を熟知する担当が、お客様にとってベストなリフォームをご一緒にお考えします。

ショールームで、ご希望の製品をお選びいただくと、アドバイザーさんがプランシートを作成してくれます。
プランシートは、最終的な全体の仕上がりイメージや、仕様や色柄が確認できます。

 

L1229024_SG00001UBプランシート(A3)11.pdfのコピー

↑こちらが、今回ご紹介するK様邸のプランシートです。
とても分かりやすく、完成がイメージできますね。

プランシート確認後、工事に入ります。

b_004-1 b_004-2 b_004-3

b_004-4 b_004-5 b_004-6

既存の浴槽を撤去し、床や壁を防水・下地処理。給排水・ガスの配管処理後、新しい浴槽を設置。
壁にパネルを貼り、水栓や照明などの備品を取りつけて、完成です。

 

a_004-1

↑こちらが、リフォーム後のバスルームです。
プランシートのイメージそのままの完成です。

a_004-2 a_004-3

a_004-7 a_004-6

a_004-5 a_004-4

細かな設備も、プランシートで確認していただいた通り。
納得安心のリフォームのために、ショールームをぜひご活用くださいね。

 

バスルームリフォーム 

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

今日は、バスルームのリフォームを2軒ご紹介します。

まずは、T様邸から・・・

DIGITAL CAMERADIGITAL CAMERA

b_003-4b_003-5

↑施工前の様子と工事の様子です。
既存の浴槽を解体し、床や壁を防水・下地処理。給排水・ガスの配管処理後、新しい浴槽を設置。
壁にパネルを貼り、水栓や照明などの備品を取りつけて、完成です。

 

a_003-1
TOTOマンションリモデルWFシリーズ・Xタイプ。水栓は、TOTOエアインシャワーです。
足を伸ばして、肩まで浸かって、家族とゆったりくつろげます。
a_003-2a_003-3

a_003-4a_003-5

a_003-6a_003-7a_003-8

a_003-9a_003-10 a_003-11

洗面器置台カウンターや浴室乾燥もついて、付属の設備も充実しています。
ソフトピンクの浴槽で、温もりあるバスルームに仕上がりました。

 

 

ホーム > アーカイブ > 2013年11月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る