ホーム > アーカイブ > 2013年6月のアーカイブ

2013年6月のアーカイブ

フローリングにこだわる(無垢フローリング編)

こんにちは、ハウスケアの秦野です。

床のリフォームは、空間全体の中で占める割合が多いので、リフォームで色や素材を変えると、お部屋の雰囲気ががらりと変わります。
今回は、自然素材にこだわって、フローリングを無垢材に変えるご提案です。

合板に突き板をしたフローリングが一般的ですが、木の温もりある無垢のフローリングは格別です。
無垢のフローリングは、木の種類や、木目、オイル塗装の色によって、様々な表情を見せてくれます。
また、年月の経過によって増す味わい深さは無垢ならではのもの。本物ならではの贅沢です。

無垢の味わい深いフローリングを、メーカーさんの施工例で見てみましょう。

 

永大産業のプレミアムク  天然木の風合いが息づく一枚ものの無垢フローリング。
素材を厳選し、樹種それぞれが持つ材色、美しさ、個性をそのまま表現。時とともに人になじみ、空間になじんでゆく味わいをお愉しみいただけます。

lineup04_01lineup05_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

lineup06_01lineup03_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

lineup02_01lineup01_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天然木は光によりその樹種特有の色の変化があります。
これは天然木ならではの美しさのひとつで、時を経ることで磨きがかかる、本物の味わいと言えます。

concept_10 concept_11

 

 

 

 

 

 

 

concept_14concept_13

 

 

 

 

 

 

 

concept_12

 

 

 

 

 

 

 

朝日ウッドテックのライブナチュラル・エクストラワイド。

広巾のデザインに、化粧材の突き板はより厳選した継ぎ目のない一枚貼り。豪華な貼り上がりデザインで空間のグレードを高めます。また、基材には環境に配慮し、適切に管理された森林から産出された木材を使った合板を使用しています。

birch_004_bbc_006_b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bw_008_bhardmaple_015_b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無垢フローリングの素晴らしさ、是非リフォームにも取り入れてみたいですね。

ただし、全ての住宅に無垢フローリングが取り入れられるわけではありません。戸建の住宅や二重床のマンションなどには、だいたい無垢フローリングを入れることができるのですが、直貼りのマンションなどには、遮音の問題から、無垢フローリングにすることはできません。

最近のマンションは、遮音性に配慮した二重床が一般的ですが、10年前くらい前までのマンションでは、床のコンクリートに直にフローリング仕上げ材を貼った直床が多く見られます。
直に床材を貼るため、リフォームする際には、下の階への騒音を軽減するために、遮音性能がある床材が求められます。
この場合、振動を直に伝えてしまう、無垢材は使えません。直床では、振動を軽減するために、クッション材を貼ったフローリングを使うのが一般的です。

では、直床のフローリングの場合、無垢フローリングを諦めなくてはならいのでしょうか?

いいえ、直床でも無垢フローリングの味わいが取り入れられる、フローリング材があるのですよ。
次回は、直床でのリフォームに無垢フローリング材を取り入れる方法をご紹介します!

 

V3

おはようございます。
ハウスケアの秦野です。

ホームページ作成ソフトV3が届きました!
このソフトを使って、ホームページの施工例紹介のページを、リニューアルしたいと思ってます。
レイアウトを分かりやすく、写真をたくさん載せていきますね。
お楽しみに。

さあ、これからお仕事!お仕事!!

 

6.28-1

間仕切り活用術(キッチン編)

こんにちは、ハウスケアの秦野です。
今日は、前回に予告しました間仕切りの活用術を、実例でご紹介したいと思います。

オープンキッチンは、憧れのキッチンです。
オープンキッチンは、人が集まるコミニュケーションの場でもあるので、いつも美しく保っておきたいものです。
でも、キッチン周りには、食器やキッチンツール、食材など、大きさも役割も異なるものがたくさん。
こういったものが、ごちゃごちゃとキッチンカウンターに溢れては、せっかくのオープンが台無しです。
そこで重要になってくるのが、機能的な収納です。

美しく、機能的に、収納をするために間仕切りを使って、オープンキッチンを作った実例です。

 

Exif_JPEG_PICTURE
ペニンシュラ型のオープンキッチンの背面に
天井まである可動棚収納を造りつけ。
その前面の収納扉として、3枚引戸の間仕切りを活用します。

使用した間仕切りは、タチカワブラインドのプレイス。

ステンレスのキッチンに合わせて、間仕切りのフレームはアルミ。
パネルはフロスト調なので、奥行きを感じさせる透明感がありながら
収納棚の中のものをぼんやりと隠して見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

3枚のパネル引戸の開閉は自由自在。
左のパネルを開ければ、食器棚。真ん中の扉を開けば、グラスや食材のストック棚。右の扉の中には、冷蔵庫まで収納!
パネルをオープンにすれば、中のものが一目瞭然。効率的に、必要なものを取り出せます。

 

Exif_JPEG_PICTUREkitchen-5kitchen-6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下レールは、床工事不要の暑さ3ミリのフラットレールなので、ビルトインしたキャスター付きのゴミ箱の出し入れもスムーズです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

お客様が来られた時には、

さっと扉を閉まれば、すっきりと美しいキッチンを

保つことができます。

こんな間仕切りを使ったキッチンリフォームはいかがしょう?

 

 

 

 

間仕切りの使い方

こんにちは、ハウスケアの秦野です。
じめじめとした毎日ですね。
気温が低くても、湿度が高いと熱中症になる危険性が高いそうです。こまめに水分補給して、気をつけたいですね。

さて、今日は、間仕切りのいろいろな使い方をご紹介します。
間仕切りといえば、文字通り、空間を目的に応じて、間仕切るもの。
様々なシーンに合わせて、間仕切りを活用すると、使い勝手がよく、スタイリッシュな空間を作ることができます。また、仕切るだけでなく、自由な発想で間仕切りを使うと、住まいと暮らし方のデザインがもっと広がります。

ここでは、タチカワブラインドのパネル間仕切り「プレイス」を例に、ご紹介したいと思います。

 

crop_51c399cb6792c プレイス引戸仕様は、シンプルな機能の洗練されたデザインが特徴。

床にレールが付かないバリアフリーな「ノンレール」と床工事のい

らない「フラットレール」の2タイプあり、どちらも床にダメージ

を与えることなく、取り付けることができます。

パネルの採光窓はクリアとフロスト調、枠の色は11種類から、

インテリアの雰囲気に合わせて選べます。

 

ナチュラルなインテリアには木目色、モダンなインテリアにはアルミフレームというように、インテリアの雰囲気に合わせて選べるのがいいですね!

 

 

crop_51c39a398727e  ノンレールタイプの「コーナー納まり仕様」は、リビングのコーナー

などをL字型に仕切ることができます。

こどもさんが小さなときにはプレイルームに、学校に上がったときは

机を並べてスタディールームに。

こどもさんがそれぞれ個室を持ったあとには、お父さんの書斎や、

敷き畳を置いて、和室コーナーを作ったり・・・・・

家族のライフスタイルに合わて、使えます。

 

 

crop_51c39a08a0939

 

お部屋の間仕切り以外にも、

クローゼットの扉として使ったり・・・・・

 

 

 

 

 

 

crop_51c39a1abf920

 

窓辺の近くに取り付けて、サンルームを作ったり・・・・・

自由な発想で、使い道がどんどん広がりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

kichen

 

では、実際にリフォームする際に、どのような取り入れ方があるのでしょう?

次回は、実際のリフォーム事例を取り上げながら、間仕切り活用術をご紹介

したいと思います。

どうぞお楽しみに!!

よろしくお願いします!

ハウスケアの秦野です。

 

ハウスケアの新しいメンバーとして、ホームページの管理をさせていただきます。

施工現場のご紹介、商品のおすすめ情報、日々のハウスケアの様子などを、随時更新していきたいと思ってます。

 

これまでの窓廻りのインテリア会社で、インテリアコーディネーターとして、お客様へのご相談・製品の提案の仕事をしてきました。

その経験を活かして、様々な情報を盛り込みながら、見やすく!分かりやすく!楽しく!をモットーに、ページ作りをしていきたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

blog2 ハウスケアを入って・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog3 螺旋階段を上がって・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog1 2階のデスクが私の仕事場です。

 ここからみなさまに情報を発信してまいります。

 どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム > アーカイブ > 2013年6月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る